HOME > 切開法で目が開き難くなった

切開法で目が開き難くなってしまった

くっきりした二重により、ぱっちり目元を作り、可愛くなりたいと考え、二重切開法を受けたはずが、思いもよらない結果になってしまったという方から、御相談をいただいております。特に二重幅の広さばかりに拘ったために、目が開き難く、整形バレバレになった場合のお悩みは大きいようです。二重切開法の失敗は、見た目や目元の機能ばかりではなく、精神面まで傷つけてしまいます。仙台中央クリニックでは二重切開法で目が開き難くなったというお悩みを持つ方の、他院施術の修正を行っています。

どうせ切開するなら目を大きくしたいと考え失敗

大部分の方は二重切開法の施術を受けるにあたり、どうせ切開するなら出来る限り目を大きくしたいと考え、二重幅だけに重点を置きがちです。しかし、限界を超えて幅広二重を設定すると、逆に目が小さくなってしまうことが有ることに注意する必要があります。目の印象は二重幅だけではなく、目を開けた時にどれくらい黒目が見えるかにより大きく左右されます。瞼の皮膚の厚さ、脂肪の付き具合、蒙古襞の張りなどの形態を十分診察して、いろいろな視点からベストな印象を選択することが重要です。仙台中央クリニックでは、どのくらい満足されたいかを伺いながら、適切な改善点や方法をご提案しています。

切開法で目が開き難い状態を改善する

眼瞼下垂とは上瞼を開ける筋肉の眼瞼挙筋が何らかの原因で緩んでしまい、思い通りに目が開かない状態の事を言います。切開法後に目が開き難くなることがあり、この状態を医原性眼瞼下垂と呼びます。無理なライン設定をしたことにより、目を開ける筋肉に不要な癒着が起こり、機能障害を起こし、目が開き難くなることを言います。医原性眼瞼下垂の治療法では、前回の切開法で生じた、不要な癒着を剥がし、正常に眼瞼挙筋が機能するように再調整する必要があります。難易度が非常に高い治療になります。

切開法で目が開き難い場合、目頭切開術が有効

日本人は、目頭に蒙古襞が張っている方が多いのですが、その蒙古襞を無視して、二重幅を設定すると、目頭が捻じれて眠そうで不自然な目の形となります。自然に設定できる二重ラインを、更に広げたいという場合は、目頭切開で蒙古襞を除去する必要があります。目頭切開には様々な術式がありますが、仙台中央クリニックではその方の最終的な二重ラインに合わせて、蒙古襞の形態や張りの程度を見極めて最も適した方法で行っております。

切開法で目が開き難くなり、他院修正を行う適応

  • 二重切開法を受けたが、瞼が半開きで眠そうな目になった。
  • 二重切開法で幅が広くなり過ぎて、不自然に見える為、幅を狭くしたい。
  • 二重切開法で幅が広くなったが、ラインの左右差や目の開きを改善したい。
  • 二重切開法による、二重幅の間の皮膚のぷっくり感またはラインのくい込みの強さを改善したい。
  • 二重切開法を受けたが戻った、またはラインが浅くなってきた。

切開法で目が開きにくいメリット、デメリットとリスク

切開法で目が開きにくいメリット

  • 目が開き易くなり、眠そうな見た目が改善します。
  • 瞼が軽くなり、視界が広くなります。
  • 自然で大きな目が実現できます。
  • 末広型または平行型のパッチリ目とした二重が実現できます。
  • 黒目がはっきり出ることにより、活き活きとして華やかな印象になります。
  • 眉を上げて目を開けていたことによってできる額の皺が消失します。
  • 目が疲れやすく、頭痛や肩こりがある場合は、症状が回復します。

切開法で目が開きにくいデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 修正の場合は通常施術の方より、経過によっては施術後の通院回数が多くなるケースがあります。医師の指示に従って通院していただくことになります。
  • 施術後は腫れや浮腫みがありますので、落ち着くまでは変化が分かりにくい、ご希望と異なると不安に感じることがあります。
  • 上眼瞼から目の周りにかけて内出血が出る可能性がありますが1~2週間で消失します。
  • まれに白目に内出血が出現することがあり、白目の一部が赤く見えます。
  • 抜糸までの7日間は二重幅を固定させるための縫合糸がつきます。
  • 傷の開きや感染症を防ぐため1週間程、アイメイクとコンタクトレンズの使用をお控え頂きます。
  • なるべく前回の切開ラインより修正を行いますが、状況によっては切開ラインが増えることがあります。
  • 二重ラインや目頭もしくは目尻側のラインが一時的に三重になる事があります。
  • 腫れている期間は目が閉じにくくなり、特に就寝時に目が乾燥することがあります。
  • 目を開けやすくする為には上瞼の折りたたまる皮膚が必要なため、ご希望のラインより幅を狭くしなければ改善しないケースがあります。

切開法で目が開きにくい症例写真

切開法で目が開き難くなった

術前

術後7日目

25歳、女性。切開法で目が開き難くなった、他院修正手術
症例経過:目が開き難いタイプであり、初めは保険適応での眼瞼下垂手術を受けた症例です。手術後、目は以前より開き易くなりましたが、奥二重の様な二重ラインに対し、日に日に不満が募る様になり、もっと幅広のパッチリ目になりたいと希望して、県外の美容外科まで出向いて2回目の手術を受けました。しかし、今度は希望よりも幅が広くなり過ぎて、腫れが引いても一向にパッチリと開く感覚がなくなってしまい、また周りにも、いつも眠そうと言われる様になりました。その為、3度目の修正を考えるようになり、遠方のクリニックに行かなければならないのかと、途方にくれながら検索をしていたところに、案外近くに、仙台中央クリニックが検索され、御相談いただきました。幅広のラインで、目の開きの改善を希望されました。広めの二重幅を保ちたいという要望のため、目頭切開を同時に行うことにしました。手術中に何度も目の開きと二重幅を確認して頂きながら調整し、施術後すぐに目が開き易くなったと実感してもらえました。
症例解説:二重の幅を広げることで、パッチリ目が得られると誤解されている方がいらっしゃいますが、単純に幅を広げるだけでは、パッチリ目は得られません。今回の修正点としては、前回の手術で生じた不要な癒着を剥がし、目力を上げると同時に目頭切開を行い自然で幅広いラインの設定を行いました。二重切開法の修正手術は、術後3カ月~半年間経過しないと行わないクリニックもありますが、時間が経過すればすること、癒着が進行するために、剥がすのに苦労することが多く、仙台中央クリニックでは早期手術を心がけています。本症例は幸いにも2度目の施術から2週間後でしたので、癒着の形成が弱く、希望通りに治療することが出来ました。術後写真は、抜糸したばかりのスッピンの状態をそのまま掲載しています。目頭切開の傷が生々しく見えますが、徐々に目立たなくなってきます。二重切開法の修正手術は、難易度が高く希望通りにならないことがあるリスクやデメリットがあります。手術前に執刀医に何処まで希望通りになるかを、十分確認してください。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/revision_zensekkai/」
▲ページの先頭へ