HOME > 顔のラインをシャープに

顔のラインをシャープに

顔のラインをシャープにしたいという御相談をいただいています。顔の下半分は脂肪が付きやすい部位です。顔の下半分に脂肪が付くと、顔が丸くふっくらとして、太った印象が強くなります。更に間が抜けて、老けたイメージになるために、治療を希望される方が多くいらっしゃいます。

ダイエットでフェイスラインをシャープにする

ダイエットは、誰でもすぐに始めることが出来る痩身法です。しかし、ダイエットで顔のラインをシャープにするのはとても大変です。顔は脂肪が付きやすく減り難い部位で、多くの場合、顔がほっそりする前に、胸の脂肪が減ります。バストが垂れたりシワシワになったりして、ダイエットを諦めることも少なくありません。

BNLS注射で顔のラインをシャープにする

フェイスラインをシャープにする方法として、BNLS注射が開発されています。頬に薬液を注射することにより、皮下脂肪を減少させます。手軽な方法として、多くのクリニックで行われています。しかし、BNLS注射は注入するときに強い痛みを伴い、1回打っただけでは効果が分かり難く、何度も注射を要します。その為、気長にゆっくり効果を出したいという方に適応しますが、早く効果が得たい、1回で分かりやすい効果を希望する方には向かない治療です。またBNLS注射を行った部位の脂肪は硬くなることがあり、後々に脂肪吸引をやりたいと考えている場合には、障害になることがあります。BNLS注射は、リスクやデメリットを十分理解した上で、臨まれるのが良いでしょう。

脂肪吸引で顔のラインをシャープにする

顔の脂肪吸引は、リバウンドが無く、一度の治療で、脂肪細胞を減少させることが出来る治療法です。効果を早く出したいという方に適します。耳の後ろや顎の下などの目立たない部位に小孔を開けて、皮下脂肪を吸引します。一時的に腫れが出ますが、徐々に吸収され、顔のシャープなラインが形成されます。

脂肪吸引で顔のラインをシャープにするメリット

  • 顔が小さく見えます。
  • 顔が細くなり全身が痩せたように見えます。
  • ホホのタルミが取れて、若返り効果が認められます。
  • 顔のバランスが整います。

脂肪吸引で顔のラインをシャープにするリスクやデメリット(稀なものを含む)

  • 腫れや内出血が長期に持続することがあります。
  • 腫れを予防するためにフェイスバンドの着用が必要になることがあります。
  • 細菌感染を合併することがあります。
  • 手術後、マッサージが必要になることがあります。
  • 脂肪を取りすぎると、げっそりして病的に見えることがあります。
  • 脂肪吸引部位が凸凹になることがあります。

顔のラインをシャープにする脂肪吸引

顔のラインをシャープに

術前

術後359日目

20歳、女性。顔のラインをシャープにする
症例経過:顔の下半分が膨れていることを気にしていた症例です。顔のラインをシャープにしたいという希望により仙台中央クリニックを受診していただきました。ホホ及びアゴ下に皮下脂肪が貯留している状態でした。脂肪吸引により皮下脂肪を除去して、スッキリした顎のラインを作りました。
症例解説:顔の下半分は脂肪が貯留し易く、一度付くとなかなか減らない場所です。顔のラインをシャープにしたいという場合は、脂肪吸引が有効です。耳の下や顎の下の目立たない部位から、皮下脂肪を吸引します。すっきりした顔のラインが形成され、頬のタルミも取れるため若返り効果もあります。脂肪を取りすぎると、頬が窪んで病的な顔貌になるリスクやデメリットがあります。術前に十分な説明を受けてください。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_diet.php」
▲ページの先頭へ