HOME > 二重の名医を知りたい

二重の名医を知りたい

二重の名医とは

二重の名医とは、目の状態を判断し、適切な美容整形を行ってくれる医師を言います。失敗したくない、誰からも綺麗だと言われたいなど、ワンランク上の二重整形を希望する方は、技術力の高い医師に執刀してもらおうと名医を探しています。名医が知りたいと希望するものの、なかなか見つからないという方のために、名医探しの裏技を掲載しました。

埋没法の名医

埋没法は手技が簡単であるため、どこでやってもさほど大きなトラブルになることは、ほとんどありません。しかし名医に執刀してもらえば、トラブルが起こる可能性は、更に低くなります。自然で綺麗な二重ラインを希望している場合は、名医に執刀してもらうのがお勧めです。

切開法の名医

切開法は技術差が出やすい手術です。切開法にきちんと対応できる医師は、二重の名医と考えてよいでしょう。切開法を行ったものの希望通りでなく再手術を希望した場合、難易度が非常に高くなります。一度の手術できっちり決めてもらえるように、術前の打ち合わせは重要です。

二重の名医の見分け方

埋没法を希望している場合でも、「希望の二重を切開法で作りたい。」と担当医に伝えてみてください。切開法に精通している医師は、快諾してくれますが、切開法に自信がない医師は、尻込みするかもしれません。切開法に精通している医師は二重整形の名医である可能性が高くなります。

モニター写真に注目する

名医かどうかを知るためには、モニター写真に注目するのが良いでしょう。自分に似たような目が、綺麗な二重になっていれば、名医の可能性が高くなります。その反対に、あまり変わっていない、自分の好みではないという場合は、再考を要します。

モニター写真を見るときに注意すること

クリニックに複数の医師が在籍する場合は、自分の担当医が執刀した写真を見せてもらってください。担当医以外の医師が手術した写真を見ても、実力を判断できないからです。名医は多くのモニター写真を持っています。手術で満足してもらえると、「ビフォーアフター写真を同じ手術をする方に見せて、役立ててください。」と無償提供の申し出をいただける場合があるからです。何枚も写真を見せてもらい、医師の実力を確認してください。実力ある医師に手術してもらえば、希望通りにならない確率は低くなります。

手術料金で決めると名医には巡り会えない

名医には、患者が集まりますので、手術料金のディスカウントをすることは、ほとんどありません。その為、格安の手術料金という条件で、美容外科を探すと名医に巡り合う可能性は低くなります。名医の手術は適正料金が設定されていますので、一見高くても高コストパフォーマンスの治療が期待できます。出来るだけ格安で手術を行いたいという気持ちは分かりますが、あまりにも格安にこだわるのは得策ではありません。

遠方でも出かける気持ちを持ちましょう

近くに名医がいない場合は、自分から出かけていかなければいけないこともあります。名医に手術してもらいたいということであれば、遠方でも出かける覚悟が必要になります。手軽に身近で済ませたいということに拘りたいということであれば、名医探しは諦めるしかありません。

自分の目と耳で確認する

ネットの情報だけで、医師を探すのは危険が伴います。匿名で根拠のない口コミや噂が横行しているからです。必ず自分で見聞きして真実を確認してください。友人紹介なども注意が必要です。紹介することによりキックバックが生じていることがあるからです。知り合いを紹介することで紹介料が入るようなシステムは信用できません。名医探しには、真実はどれかと見極める能力が要求されます。

二重整形のデメリットやリスク(稀なものも含む)

  • 内出血や血腫を伴うことがあります。
  • 腫れが続くことがあります。
  • 細菌感染が起こることがあります。
  • 左右差が出ることがあります。
  • 不自然な目になることがあります。
  • 二重を無理に設定すると目が開かなくなることがあります。
  • 強引なライン設定で、整形バレバレの目になることがあります。

二重の名医を知りたい症例写真

二重整形で失敗したくない

術前

術後37日目

27歳、女性。二重整形で失敗したくない、二重の名医を知りたい
症例経過:ワンランク上の二重整形をしたいと考えていた症例です。失敗したくないということでネット検索を繰り返し、県外から御相談いただきました。診察したところ、細く小さな目が顔全体の印象を損ねていました。パッチリ大きな目を作りイメージが良くなりました。
症例解説:大きなパッチリ目になりたいということで、多くの方から御相談をいただいています。パッチリ目整形は、通常の二重整形に比較して、難易度が高く、ワンランク上の整形です。その方の目の状態を診察して、どうすれば目が大きく開くか診断して手術を行わなければいけません。術中には開閉眼を繰り返して微調整が必要になります。無理な二重設定をすると、不自然な整形バレバレ状態になるデメリットやリスクがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。術前に十分説明を受けてください。

 0票

二重整形で失敗したくない

術前

術後37日目

19歳、女性。二重整形で失敗したくない、二重の名医を知りたい
症例経過:目がコンプレックスであり、大きく変わりたいと二重整形を希望された症例です。綺麗になりたいが失敗したくないということで、県外から御相談いただきました。診察したところ、目が小さく、内眼角間距離が開大し、目が離れていました。目の横幅、縦幅を広げて、上品で綺麗な目を作りました。パッチリ大きな目を作製され、イメージが刷新されました。
症例解説:さりげなく変わりたい、少しだけ綺麗になりたいという美容整形は、比較的簡単な手技で行うことができますが、大きく変わりたい、出来るだけ綺麗になりたいという整形は難易度が高くなります。無理な設定や、強引な手術は、整形バレバレで不自然なイメージになりますので、術前に十分な検討を要します。また術中は、開眼状態を何度も確認して調整しなければいけません。一般的な手術と比較して時間が掛かります。二重整形は、腫れや内出血が続くデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。術前に十分説明を受けてください。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/column.php」
▲ページの先頭へ