HOME > 埋没法失敗

埋没法失敗

埋没法は、技術的に簡単で、最も多く行われる美容外科手術です。しかし埋没法が失敗して修正を希望される方も多くいらっしゃいます。埋没法は、比較的修正が容易で、大きなトラブルにはならないことが多いのですが、腫れが酷いくて長期に外に出られないという場合には、早めに再手術をすることをお勧めしています。

埋没法が取れた

埋没法の最大の欠点は、ラインが取れたり、戻ったりすることがあるという事です。安易にもう一度固定してもらうという方が増えていますが、何度も埋没法を繰り返すことにより、更に大きなトラブルになることも多く、なんで上手くいかなかったのかを十分検証した後に、その後の処置を決める必要があります。

埋没法永久保証

埋没法に永久保証が付いている場合があります。二重ラインが気に入らない場合は、無料で直してくれるという保証なのですが、永久保証制度を使って何度も無意味な埋没法を繰り返しているケースが認められます。同じ医師が同じ方法で埋没法を行えばまた同じ結果になることは分かり切っています。一度埋没法を行って、希望通りでない、上を目指したいという事であれば、別の治療に切り替えるか、別の医師の意見を聞く必要があります。

埋没法の糸が出てきた

無理な幅広ラインを作った場合、埋没した糸の食い込みが強くなります。ラインがねじれている、ラインの下が腫れていて不自然、まつ毛が下を向いているという場合には、再手術が必要になります。

埋没糸の食い込みが強い

埋没法の最大の欠点は、ラインが取れたり、戻ったりすることがあるという事です。安易にもう一度固定してもらうという方が増えていますが、何度も埋没法を繰り返すことにより、更に大きなトラブルになることも多く、なんで上手くいかなかったのかを十分検証した後に、その後の処置を決める必要があります。

埋没法をしたら目が開き難い

埋没法を行ったら、目が開き難くなったと御相談いただくこともあります。眼瞼下垂を見逃した、限界を超えた二重を作ったという場合に、目が開き難くなることがあります。経過を見ていても開眼不全が継続することが多く、目が開き難い場合は早めに御相談いただくことをお勧めしています。

埋没法後、腫れが長期に続く

埋没法は腫れが少ないことで知られています。腫れが長期に続き外に出られないという事であれば、再手術が必要になります。再手術はしたくないので、もう少し待ってみようという気持ちから、様子を見ていても、結局腫れが引かず、長期に引きこもり生活を余儀なくされるケースがあるようです。埋没法で腫れが長引いている、このままでは腫れが引かないような気がするという事であれば、早めに御相談していただくのが良いと思われます。

埋没法失敗症例写真

埋没法失敗

術前

術後14日目

35歳、女性。他院埋没法失敗、埋没法2回施行、目力アップ手術
他院で15年前に埋没法を行ったものの、1年で戻ってしまい、次回は、10年前に脂肪取りと埋没法行いましたが、また1年くらいで戻ってしまった症例です。その後、自分には二重が向かないものだと美容整形は諦めていましたが、二重まぶたへの憧は強く、ガッチリメイクをして、生活していました。徐々に、もう一度整形にチャレンジしたい、もう2度と失敗したくないという思いが強くなり、インターネットで検索して、仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、腫れぼったい一重でまぶたの厚みが強く、開眼状態は不良でした。目力をアップさせ、パッチリ目を作りました。上品で印象の良い目になりました。
クリニックより:埋没法の繰り返しても、失敗を繰り返し、納得がいかない場合には、埋没法以外の別の方法を行う必要があります。何度も埋没法を繰り返すことは、上まぶたを傷めることになり、得策ではありません。なんとなくおかしい、このままでいいのだろうかと疑問を持った場合には、他の医師の意見を聞いてみることも問題解決につながる可能性があります。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/revision.php」
▲ページの先頭へ