HOME > 鼻が嫌

鼻が嫌

鼻が嫌

鼻が嫌と御相談いただくことがあります。鼻以外のパーツは整っているものの、鼻の形が悪く、顔の印象を損ねているために修正を希望されます。鼻は顔の中心にあり、顔の印象を大きく左右します。他のパーツが綺麗でも、鼻の印象が悪いだけで、足を引っ張ってしまいます。鼻さえ整っていれば、美人で素敵なのにと思うと、泣けてくるという方もいらっしゃいます。

鼻の穴が目立つ

鼻の穴が目立つ場合、印象を損ねることがあります。鼻の穴が横に広がっていて、正面から丸見えであると鼻の穴が目立ち印象が悪くなります。鼻の穴を目立たないようにすることでイメージアップさせることができます。

鼻が丸く大きい

鼻が丸く大きい場合、鼻が嫌と言われることがあります。日本人は欧米人に比較して、鼻の縦幅が短く、横幅が広い傾向があります。鼻の縦幅を長く、横幅を狭くすることでバランスのとれた鼻にすることができます。

鼻の穴を見えないようにしたい

鼻の状態を整えるためにノーズクリップで摘まんでいる方がいらっしゃいますが、効果はありません。またお化粧で鼻の穴を目立たなくすることはできません。鼻の穴を見えないようにするためには美容整形が必要になります。

鼻を目立たなくしたい

鼻が大きく、顔全体に占める存在感が大きいと、バランスが崩れ顔のイメージが悪くなります。低い鼻をノーズシャドウで高く見せることは可能ですが、大きな鼻をお化粧で矯正することはできません。鼻を目立たなくするためには美容整形が必要です。

鼻の形を整える手術

鼻が嫌な場合の整形手術は、鼻の形を整え顔とマッチさせる手術です。複数の鼻整形を組み合わせて行うこともあります。どの手術とどの手術を組み合わせるかは、その方の現在の鼻の形となりたい鼻の形により変わってきます。難易度が高い美容整形になります。自分のなりたい鼻の形を伝えて、希望通りに手術してくれる医師を探す必要があります。希望を分かりやすくするために、グラビア写真などを持参することをお勧めしています。

鼻が嫌な場合の美容整形のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 腫れが続くことがあります。
  • 傷が目立つことがあります。
  • 不自然な鼻になることがあります。
  • 出血を認めることがあります。

鼻が嫌な場合の整形ビフォーアフター症例写真

鼻が嫌 症例写真

23歳、女性。鼻が嫌

症例経過:丸く横に広がった鼻が気になると御相談いただいた症例です。お化粧や髪型を工夫しても鼻が目立つために、美容整形を決意して仙台中央クリニックに御来院いただきました。診察したところ、色白で他のパーツは整った美人顔でしたが、鼻が大きく横に広がっているために、印象を損ねていました。鼻を小さく細くすることにより、イメージアップを図りました。

症例解説:鼻は顔のイメージを大きく左右するにもかかわらず、お化粧で修正することが困難で、鼻の形が悪く悩んでいる方が多くいらっしゃいます。鼻さえ綺麗なら美人という状態は、鼻を整形することで、大きくイメージアップができます。美容外科医の美的センスが問われます。不自然な鼻になるデメリットやリスクを認めることがあります。術前に十分説明を受けてください。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_nose-jaw.php」
▲ページの先頭へ