HOME > 二重顎を治したい

二重顎を治したい

顎の下は、容易に脂肪が蓄積する部位で、体重増加位により二重顎になることがあります。また、加齢により顔面の皮膚が弛むと、最下部の顎下の皮膚が引っ張られて、二重あごになることもあります。二重あごになると、顔が大きく老け顔に見えるために、治療を希望される方が多くいらっしゃいます。

ダイエットで二重顎を改善させる

ダイエットは、すぐに開始できるという利点がありますが、ダイエットで二重顎を改善するには、並々ならぬ努力が必要になります。下顎は、脂肪が付きやすく減り難い部位です。特に女性の場合は、二重顎が無くなる前に、胸の脂肪が減り、女性らしい体のラインが消失します。胸のボリュームが減って、バストが垂れたりシワシワになったりするために、ダイエットを中止せざるを得ないことが多々あります。

BNLS注射で二重顎を治療する

BNLSは、植物抽出成分が主体の脂肪融解注射です。脂肪融解を助ける作用、リンパ循環作用、肌の引き締め作用の3つの働きにより、運動や食事制限では落とすことが難しい顔の脂肪を減らします。ダウンタイムがほとんどなく、加齢によるたるみや二重顎も予防することが出来ます。その為、多くのクリニックで二重顎を治療する目的で行われています。しかし、1回打っただけでは効果が分かり難く、何度も注射を要します。また、注入するときに強い痛みを伴うというデメリットがあります。気長にゆっくり効果を出したいという方に適応しますが、早く効果を得たい、1回で分かりやすい効果を希望する方には向かない治療です。BNLS注射を行った部位は、脂肪が硬くなることがあり、その後、脂肪吸引を希望した場合には、吸引の難易度が高くなります。BNLS注射は、行う前にリスクやデメリットを十分理解する必要があります。

脂肪吸引で二重顎を治療する

下顎の脂肪吸引は、リバウンドが無く、一度の治療で、脂肪細胞を減少させることが出来る部分痩身法です。効果を早く出したいという方に適します。耳の後ろや顎の下などの目立たない部位に小孔を開けて、陰圧をかけて脂肪細胞を吸引します。手術直後は、腫れが出ますが、徐々に吸収され、二重顎が改善します。脂肪吸引には皮膚の引き締め効果や、リフトアップ効果があり、弛んだ皮膚も吊り上げることが出来ます。その為、ダイエットで単純に痩せた場合とは異なり、皮膚のだぶつきも少なくなります。

脂肪吸引で二重顎を治すメリット

  • 顔がスッキリして痩せて見えます。
  • 顔が小さくなり、身体とのバランスが良くなります。
  • 顎やホホのタルミが無くなり、若返ることが出来ます。

脂肪吸引で二重顎を治すリスクやデメリット(稀なものを含む)

  • 腫れや内出血が長期に持続することがあります。
  • 腫れや内出血の予防のために、フェイスバンドの着用が必要になることがあります。
  • 細菌感染を合併することがあります。
  • 傷の治りが遅延することがあります。
  • 治療部位の知覚鈍麻を認めることがあります。
  • 凸凹の予防のために、マッサージが必要になることがあります。
  • 術後は、治療部位が硬くなることがあります。

二重顎を治したい症例写真

二十顎を治したい

術前

術後91日目

40歳、男性。二重顎を治したい、ホホのタルミを治したい
症例経過:年と共に二重顎が進行し、頬が弛んできたということで御相談いただいた症例です。診察したところ、顔の下半分に脂肪が貯留し、下膨れと二重顎の状態でした。ホホ及びアゴ下の脂肪を、脂肪吸引により除去しました。顎のラインがスッキリして、リフトアップできました。見た目年齢が若返りました。
症例解説:体重増加や加齢により、顔の下半分は脂肪が貯留します。一度付くとなかなか減らない場所であり、顔が下方に下垂した状況になるために、顔が大きく老け顔に見えます。脂肪吸引をすることにより、二重顎がスッキリとして、若返ることが出来ます。脂肪吸引は、耳の下や顎の下の目立たない部位に小孔を開けて、吸引します。二重顎の治療は脂肪を取りすぎると、皮膚がデコボコになるリスクやデメリットがあります。術前に十分な説明を受けてください。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_diet.php」
▲ページの先頭へ