HOME > 鼻中隔延長

鼻中隔延長

東洋人はもともと鼻が短く鼻尖が低く上向きである場合が多く、更に鼻中隔軟骨や、鼻翼軟骨などの骨格が小さい傾向があります。そのような場合上向きの鼻や、低い鼻、団子鼻に対して行われる手術が鼻中隔延長手術です。そのような方の鼻を下向きにして、鼻の穴を目立ちにくく、鼻先を高くすることができます。

手術方法

オープン法

鼻橋を切開することにより鼻腔内に大きな視野を取ることが出来ます。鼻中隔軟骨を、その輪郭を残して採取します。採取した軟骨を、残した輪郭に固定することにより、鼻中隔を延長します。大きな延長効果が得られる利点がありますが、術後鼻が変形する場合も見られます。

クローズ法

鼻吸内を切開し大鼻翼軟骨鼻尖部から内側脚間を剥離してスペースを作製します。主に耳介部から採取した軟骨を作製したスペースに移植して鼻尖部や鼻橋部を延長します。オープン法に比較すると延長効果は若干劣ります。しかし術後鼻の変形をきたすことはほとんどありません。

注入法

近年、高品質の注入用ヒアルロン酸が開発されました。ヒアルロン酸を鼻橋部や鼻尖部に注入することにより、短鼻の延長効果を得る方法です。メスを使用しませんので短時間で終了します。

鼻中隔延長の適応、メリットとデメリット

鼻中隔延長の適応

  • 鼻が低く、上を向いている。
  • 短い鼻を下方に伸ばしたい。
  • 上向きのブタ鼻を下に向けたい。
  • 正面から見える鼻の穴を見えないようにしたい。
  • 鼻尖を西洋人のように尖らせたい。
  • 鼻尖を高くしたい。

鼻中隔延長のメリット

  • 細く下を向いた欧米人のような鼻を作ることができます。
  • 鼻先を延長し下向きにすることで、上品で大人っぽい顔になります。

鼻中隔延長の注意事項やデメリット(稀なものを含む)

  • 難易度の高い手術になります。
  • 気に入らない場合でも、元に戻すことは困難です。
  • 鼻先が硬くなったり、変形したりすることがあります。
  • 不自然な鼻になることがあります。
  • 数年後鼻筋が曲がるなど、鼻が変形することがあります。
  • 細菌感染を起こすことがあります。
  • 稀に腫れることがあります。
  • 稀に内出血を伴うことがあります。

モニター写真

鼻中隔延長手術

術前

術後

46歳 女性。鼻中隔延長手術
鼻根が低くて、鼻尖が上を向いているのが気になっていました。どこをどう直したら良いのか分からず、こちらの院長先生に相談したところ、鼻中隔延長手術を勧められました。鼻柱が出て、鼻尖が高く長くなり、鼻の形が悪いことが改善されました。鼻中隔延長手術で顔の印象が良くなりました。
クリニックより:鼻橋が低く引っ込んでいる場合、鼻の形が悪く、顔全体の印象が悪くなります。皆さんどこをどのように直せばいいのかわからないということで御相談いただきます。鼻中隔延長手術で鼻橋を下方に出すことで鼻の下が短く、鼻の穴が見えにくくなります。更に鼻尖を高くすることにより顔全体の印象がぐっと引き締まります。

 5票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_nose-jaw.php」
▲ページの先頭へ