HOME > 重症眼瞼下垂

重症眼瞼下垂

重症眼瞼下垂

重症の眼瞼下垂により治療を希望される方から御相談いただいています。眼瞼下垂は上まぶたを拳上する眼瞼挙筋の機能不全により起こる症状です。視界が制限され、無意識に眉毛を挙上して瞼を開こうとするため、同時に顎を挙上し、頭痛や肩こり、腰痛と伴うことがあります。また、まぶたを開ける筋肉に過度な負担がかかるようになり眼精疲労を併発することがあります。眼瞼下垂は、軽度の場合、ほとんど自覚症状がありません。しかし重症化すると視野障害を生じるために、見え辛く、距離感がつかめません。日常生活では頭の打撲や、転倒などの危険が伴います。早めの治療をお勧めしています。

眼瞼下垂の進行

眼瞼下垂の進行に伴い、以下のように症状が強くなります。眼瞼下垂の程度の参考にしてください。

  • 正常 最大限に眼を開けた場合、黒目の上の白目が見える。
  • 軽症 目を最大限に挙げた場合、黒目の上の白目が見えない。
  • 中等症 眼を開けた場合、瞳孔の一部が隠れる。
  • 重症 最大限に眼を開けた場合、瞳孔が半分以上隠れる。

眼瞼下垂症による目元の変化

眼瞼下垂の症状が進行するに伴い、目元の状態が変化します。それにより進行の程度を推察することができます。

目が大きくなる

眼瞼下垂は、まぶたが下がってきて、目が小さくなるのが一般的です。しかし軽度の眼瞼下垂や、初期の眼瞼下垂では目の大きさが大きくなることがあります。まぶたはしっかり開いて、正常より大きいため、医療施設にかかっても、それは眼瞼下垂ではありません、と診断される場合がありますので注意が必要です。眼が開きにくいことを脳が感知して額や眉の筋肉を使って最大限に上まぶたを拳上しようとするためおこる現象です。このため肩こりや頭痛を生じることが多くなります。

涙袋が目立つようになる

眼瞼下垂症がやや強くなると下まぶたの筋肉の力が優位になり、涙袋が出てくる場合があります。年頃の女性には嬉しい変化かもしれません。しかし、これは眼瞼下垂の初期の症状ですので注意してください。

上まぶたが三重や四重になる

眼瞼下垂になると眼が開きにくくなるために、上まぶたの拳上が不良になり、まぶたが三重または四重になることがあります。

三白眼になる

正面を見ているときに、黒目の下に白目が見えて、白目が黒目の下でつながった状態になります。目つきが悪くなったように感じられることがあります。

目の上が窪む

眼瞼挙筋の働きを補おうとして、まゆ毛や額の筋肉を使うために、目の上に力が入って眼が窪むことがあります。

額に深い皺が出る

眼を開ける力がさらに弱くなると、額の筋肉を利用して目を開けようとするために、額に深い皺が出るようになります。

目尻の方の皮膚が垂れてくる

上まぶたの拳上が悪いことにより、目尻の皮膚が垂れて眼が三角形に見えるようになります。睫毛が目に入り、逆さ睫毛なることもあります。

眉間、鼻根部に皺ができるようになる

眼を最大限開けようとして、顔面に力が入るために、眉間や鼻根に皺ができるようになります。

眉毛が上に上がる

眼瞼下垂が進行すると視野を確保しようとして、眉毛が上に上がり間が抜けた印象の顔になることがあります。

眼が半開きになる

進行してきた眼瞼下垂では、いつも眠そうな目で、首を後ろに反らせ、顎を上げる頭位をとるようになります。うなじや肩がよく凝るようになります。

眼を開けようとしても開かない

更に眼瞼下垂が進行すると、眼が開かなくなります。

眼瞼下垂による身体的症状

眼瞼下垂は以下のような身体的症状を伴います。眼との関連が薄い症状を呈する場合には、他の疾患と間違われて治療されることがあります。

肩・頚こり

まぶたが下がってくると、顎を上げて視界を確保しようという姿勢をとることがあります。また、筋肉の緊張が強くなり肩の筋肉に疲労が溜まります。腰痛や膝の痛みが起こることもあります。症状が進行すると、肩から背中に強い痛みが続くことがあります。

頭痛

眼瞼下垂に頭痛を併発することがあります。原因が見つからない頭痛や、常時悩まされている頭痛の中にかなりの割合で眼瞼下垂による頭痛があると考えられています。眼瞼下垂のために顔面筋の過緊張や喰いしばりが起こり、それにより頭痛が生じます。これらの頭痛は眼瞼下垂を正しい方法で治療すると改善します。

睡眠障害

眼瞼下垂では、寝付けない、夜中に何度も目が覚める、眠りが浅く、夢ばかり見るなどの症状が起こることがあります。起きているときに疲れやすく、眠っても疲れがとれなくなります。酷くなると昼間も眠気に襲われやすい慢性疲労症候群という状態になります。この状態は、眼瞼下垂を治療すると眠りが改善します。

めまい

眼瞼下垂によりめまいが起こることがあります。めまいの症状は眼瞼下垂の治療で治ることが多く認められます。

自律神経失調

眼瞼下垂により自律神経のバランスが崩れ、冷え性、手の多汗症、便秘や下痢などが起こることがあります。眼瞼下垂を治療すると高い確率で症状が緩和します。

気分障害、不安障害

「気分が落ち込む」といったうつ症状、「わけもわからずイライラする」「何があるわけでもないのに不安だ」などといった精神面へも影響します。まぶたから脳への信号が増えすぎると「ストレス」になるためと思われます。術前と術後で全く印象が変わる方もおられます。

顎関節症、喰いしばりによる歯痛

眼瞼下垂により、顎の開け閉めの際に音がする、顎関節が痛む、十分開かないといった顎関節症の症状が起こることがあります。また歯が痛いのに歯科的に異常が見つからないなどの症状が認められる場合があり注意が必要です。これらの症状は、視野を確保しようと、意識せずに喰いしばってしまうことでおこります。長時間喰いしばりを続けると、歯根の血流障害、顎関節のクッションの減少が起こり、症状が進行します。

眼瞼・顔面の痙攣

眼瞼下垂により両側の顔面痙攣が起こることがあります。顔面の筋肉の過緊張による症状と考えられ、眼瞼下垂の治療により改善します。

眼瞼下垂の手術法

眼瞼下垂の手術方法には、瞼の表の皮膚側から切開を行う経皮的手術法と、瞼の裏の結膜側から手術を行う経結膜的手術法があります。御本人の希望や日常生活の状況をよく聞いたうえでどちらを選択するか決定する必要があります。重症の眼瞼下垂の場合は、経皮的切開法を選択することが多くなります。

経皮的切開法

眼瞼下垂に対して、上眼瞼の皮膚を切開し、上眼瞼挙筋から続いている眼瞼挙筋腱膜を瞼板に縫合する手術が行います。左右差、兎眼を生じることがあります。一日の中で症状の強さが変動するケースでは、調整が難しく、眼瞼手術に精通した術者によって手術が必要になります。

重症眼瞼下垂のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 腫れや腫脹が続くことがあります。
  • 内出血を認めることがあります。
  • 左右差を生じることがあります。
  • 不自然な目になることがあります。
  • 眼瞼の拳上が不十分になることがあります。
  • 眼瞼下垂が再発することがあります。

重症眼瞼下垂の症例ビフォーアフター写真

重症眼瞼下垂

術前

術前35日目

54歳、女性。重症眼瞼下垂、眼瞼下垂手術
症例経過:40年前からハードコンタクトレンズを使用していた症例です。徐々に目が開かなくなり、顔貌も変化してきました。芸能人が眼瞼下垂手術で上手くいかなかったケースがあることを知り、美容面も考慮した眼瞼下垂手術を希望して、仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、上まぶたが下垂して視野に被さる状態でした。瞳孔が半分以上隠れており重症の眼瞼下垂と考えられました。同時に頭痛や肩こりを併発していました。如何にも手術したような状態にはなりたくないと希望され、美容的眼瞼下垂手術を行いました。目が開きやすくなり、美容的にも自然に変わることができました。
症例解説:眼瞼下垂のご相談を多数いただいています。眼瞼下垂は、頭痛や肩こりなどの身体的症状を伴うことがあり、生活の質が低下します。重症になると転倒や頭部外傷を起こすことがあります。ご注意いただきたいと思います。また芸能人の方で眼瞼下垂手術を行い、術後不自然になったことが報道され、美容的な眼瞼下垂手術を希望される方が増加しています。仙台中央クリニックでは、どうせ手術するなら、美容的に行いたいという方のご相談をお引き受けしています。出来るだけ腫れたくない、綺麗になりたいという希望にも対応しています。眼瞼下垂は左右差を生じるデメリットやリスクを認めることがあります。効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。術前に十分説明を受けて治療に臨んでください。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_eye.php」
▲ページの先頭へ