HOME > 人中短縮・鼻下短縮

人中短縮・鼻下短縮

鼻の下を短くしたい

鼻の下が長いので、短くしたいという方から御相談をいただいています。鼻の下が長いと、顔が間延びして、顔のバランスが悪くなります。老けてやつれて見えることもあります。特に女性は、鼻の下が長く、間が抜けた状態が気にすることが多く、治療を希望されます。

人中短縮・鼻下短縮とは

鼻の下が長い状態にはいろいろなレベルがあります。鼻先から人中が、何となく長くなっている方もいれば、上くちびるが大きくに前に出て伸びている方もいらっしゃいます。鼻の下が長いと間延びして、間が抜けている印象を与えますが、鼻の下が長くなればなるほど、間が抜けた感じが強くなります。コンプレックスも相関して大きくなる傾向があります。鼻の下を短くすることにより、可愛らしく若々しい印象に変わります。鼻の下を短くする手術には、様々な呼び名があります。人中短縮術、鼻下短縮術、上口唇短縮術、リップリフトなどと言われることもあります。ほとんど同じ手術を意味しています。

加齢による鼻下延長

加齢とともに、皮膚とともにくちびるを動かす筋肉もゆるみ、唇は薄くなり、ふっくら感がなくなります。鼻から下の距離が長くなると共に、くちびるの赤い部分は薄くなっていきます。加齢により鼻の下が長くなった場合、伸びた鼻の下を短くすることで若返り効果を得ることができます。

鼻の下の長さ

鼻の下の肌色の唇部分を白唇と言います。口紅を塗る赤い唇の部分を赤唇と言います。また唇の真ん中に縦にあるくぼみとその左右にある膨らみの形を人中と呼びます。鼻の下の白唇部分の長さの平均は13mm程度と考えられています。15mmを超えると、鼻の下の長さが、長くなった印象を受けるようになります。

人中短縮・鼻下短縮の方法

鼻下切開法

鼻下切開法とは、鼻のすぐ下の皮膚を切除することによって、鼻の下を短くする方法です。3~6mmの皮膚を切除します。皮膚切除量は、本人がどの程度、鼻の下の長さを気にしているかを聞いた上で決定しています。手術手技が煩雑になるために、技術を要する手術ですが、きちんと行われれば、鼻下の短縮効果が出やすいメリットがあります。手術方法によっては、傷が開いて目立つリスクがあり、注意する必要があります。また、傷が開いて鼻の下の長さが後戻りすることがあります。各施設が傷の目立たない方法、後戻りしない方法を開発し、施術しています。

唇直上切開法

唇直上切開法とは、赤唇のすぐ上の皮膚を切除することにより、鼻の下を短くする方法です。鼻下切開法と比較して、手技は簡単ですが、効果が弱いという特徴があります。効果の観点から、鼻下切開法が行われることが多く、唇直上切開法を行っている施設は少数です。

人中短縮・鼻下短縮の手術法

  • どれくらい鼻の下を短くしたいかを本人と相談し、皮膚切除量を決定します。
  • 鼻の下に局所麻酔を行います。局所麻酔の痛みが我慢できない方には、無痛麻酔も選択いただけます。
  • 皮膚の切除を行います。
  • できるだけ後戻りを起こさないよう皮下の処理をきちんと行います。
  • 皮膚表面を細かく縫合します。
  • 1週間後に抜糸を行います。

人中短縮・鼻下短縮手術後の術後経過

  • 手術後数日間は、鼻の下が腫れることがあります。数日間はマスクで隠していただいています。
  • 手術後、痛みを伴うことがあります。
  • 手術直後は、違和感を認めることがありますが、徐々に改善していきます。

人中短縮・鼻下短縮の手術適応

  • 人中短縮は、鼻の下が長い方が適応となります。
  • 加齢性変化によって長くなってしまった場合も治療の対象となります。
  • 鼻が上向きになっているために、鼻の下が長く見える場合には、鼻先を下に向けた方が、顔のバランスがとれます。

人中短縮・鼻下短縮のメリット

  • 鼻の下の長さを短くすることができ、延びした印象が改善します
  • 赤唇の厚みが増す傾向があります。その為、唇が薄い人は、改善されます。
  • 間が抜けた顔が、上品で頭が良さそうな表情になります。
  • 老けてやつれて見えていた顔が、若々しく元気になります。
  • 特に女性の場合、可愛らしい感じが強くなります。

人中短縮・鼻下短縮のリスクやデメリット(稀なものを含む)

  • 傷が目立つことがあります。傷は縫合方法により変わることがあり、丁寧な縫合を心がける必要があります。
  • 鼻の穴が横に広がることがあります。そのため同時に鼻幅縮小手術を行う場合があります。
  • 赤唇の中央部が厚くなることがあります。
  • 口角が下がったように見えることがあります。
  • 皮膚切除を多くしすぎると、平常時に口が閉じ難くなることがあります。
  • 鼻下短縮によってガミースマイル傾向になることがあります。
  • 後戻りにより、再び鼻の下が長くなることがあります。
  • 細菌感染などの可能性があります。
  • 術後腫れが続くことがあります。

人中短縮・鼻下短縮手術症例写真

鼻下短縮鼻幅縮小

術前

術後35日

25歳、女性。人中短縮、鼻幅縮小
症例経過:鼻の形が悪いことを気にしていた症例です。鼻どこを整形すればよいか分からず、県外から新幹線を利用して、仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、鼻の下が長く、鼻の横幅が広がっていました。人中切開と鼻幅縮小を行い、鼻の下が間延びした状態を改善させました。鼻の下が短くなり、上品な顔立ちになりました。
症例解説:鼻の下が長い状態は、どこをどのように修正したらよいか分からず、戸惑っている方が多いようです。そのような場合、人中短縮・鼻下短縮が有益です。鼻の下を短くすることにより、若くかわいい印象になります。人中短縮は、後戻りすることがあるというリスクやデメリットがあります。せっかく手術したのに、手術前と変わらない、もう少し切ってほしいという状態が認められることがあります。術前に十分説明を受けて治療を行ってください。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_nose-jaw.php」
▲ページの先頭へ