HOME > まつ毛の生え際が見える二重

まつ毛の生え際が見える二重

まつ毛の生え際の見える二重

まつ毛の生え際が見える二重になりたいと希望される方が多くいらっしゃいます。まつ毛の生え際が見えると、目力が出て目が大きく開きます。印象の良い二重になります。これに対し、まつ毛の生え際が見えない二重は、どんよりして眠そうな目に見えます。

二重なのにまつ毛の生え際が見えない

二重なのに、まつ毛の生え際が見えないために悩んでいる方がいらっしゃいます。何軒もカウンセリングに行ったものの、理解してもらえない、深刻に悩むほどではないと適当に扱われた、といったお話を伺います。まつ毛の生え際を見せるためには、二重整形が必要で、アイプチやお化粧で改善させることはできません。二重のライン下の皮膚を折りたたむようにして二重のラインを形成することで、まつ毛の生え際が見えるようになります。

一重でまつ毛の生え際が見えない

一重の方の多くは、上まぶたの皮膚が垂れさがって、まつ毛の生え際が隠れているために、目が小さく、ぼんやりした表情になります。明るく快活な印象にするためには、二重整形によりまつ毛の生え際を見えるようにすることが必要です。

アイプチで形成されたまつ毛の生え際が見えない二重

長年アイプチをしていると、上まぶたにラインが付くことがあります。この状態を、二重になったと喜ぶ方もいらっしゃいます。しかし、アイプチでできたラインは、まつ毛の生え際が見えず、目力もありません。上まぶたが弛んで皺が出来ただけで、美容的に良い状態とは言えないため、目力のある美容的に優れた二重になりたいという場合には、二重整形が必要になります。

加齢によりまつ毛の生え際が見えなくなった

もともと綺麗な二重の方が、年を取ると、上まぶたが被さって、まつ毛の生え際が見えなくなります。元の綺麗な二重に戻すためには、上まぶたのたるみ取り手術が必要になります。

二重整形で失敗、まつ毛の生え際が見えない

まつ毛の生え際が見える二重を希望して、二重整形をしたのに、出来上がってみれば、まつ毛の生え際の見えない、ぼんやりした二重になってしまった。何とか修正してほしいと、御相談いただくことがあります。このような失敗は、幅広で無理な二重を形成している場合に多く認められます。二重整形において無理な幅広ラインを設定すると、まつ毛の生え際が見えない、眠そうな二重になります。まつ毛の生え際が見える二重に拘りのある方は、幅の広い二重を諦めて、狭いラインを選択せざるを得ないこともあります。

まつ毛の生え際が見える二重整形

まつ毛の生え際を見せるためには、二重整形が必要です。固定力の強い二重整形により、ライン下の皮膚を持ち上げるようにして、二重のラインを形成する必要があります。ライン下の皮膚が持ち上がると、まつ毛が上に上がり、目がパッチリして印象が良くなります。無理な幅広ラインを設定すると、ライン下の皮膚が生え際を覆うために、まつ毛の生え際が見え難くなります。手術中には、二重ラインの微調整を行い、まつ毛の生え際が見えるように確認する必要があります。どうしても、幅広二重になりたいという場合には、目頭や目尻を含む目の周りの大改造が必要になり、難易度の高い手術になります。

まつ毛の生え際が見える二重のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 左右差が生じることがあります。
  • 不自然なラインになることがあります。
  • 内出血を認めることがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。

まつ毛の生え際が見える二重整形ビフォーアフター症例写真

まつ毛の生え際が見える二重

術前

術後16日目

19歳、女性。まつ毛の生え際が見える二重
症例経過:一重で印象が悪いので、まつ毛の生え際を見せるようにして二重を作りたいと希望した症例です。固定力の強い二重整形を希望して、仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、上まぶたは重く垂れ下がり、まつ毛の生え際が全く見えない状態でした。上まぶたの皮膚を持ち上げて、まつ毛を上に向けて、生え際が見えるようにしました。目が大きく開いて印象良くなりました。
症例解説:まつ毛の生え際が見える二重を作製すると、自然な変化で印象が格段に良くなります。その為、多くの方がまつ毛の生え際が見える二重を希望されます。二重整形をする際に、固定力の強い方法で行わないと、皮膚が覆いかぶさり、まつ毛が下を向いてしまいます。手術中に何度も開閉眼を繰り返して、二重ラインの固定力を調整する必要があります。まつ毛の生え際が見える二重は、左右差を生じるデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果は、個人差があり効果を保証するものではありません。術前に十分説明を受けてください。

 0票

まつ毛の生え際が見える二重

術前

術後29日目

23歳、女性。まつ毛の生え際が見える二重になりたい
症例経過:長期間アイプチをしていたら左目にラインが付いた症例です。通常の二重とは違い、目力が無く、まつ毛の生え際が見えないために、左右とも二重整形をしようと決意して、仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、右目は完全に一重で、左目はラインがついているものの、上まぶたが被さって、まつ毛は下がっており、まつ毛の生え際は見えませんでした。両目とも、まつ毛の生え際が見えるように、ライン下の皮膚を引き上げてラインを固定し、まつ毛の生え際が見える二重を作製しました。まつ毛が上を向いて、目力がアップしました。
症例解説:アイプチをしていると二重になると信じ、続けている方は多いようです。しかしアイプチで出来たラインは、上まぶたがまつ毛に被さって、まつ毛の生え際が見えず、目がどんよりして目力はありません。目力を出すためには、二重整形が必要になります。ラインを固定して、まつ毛を引き上げることにより、目力が出て魅力が倍増します。自然な変化で印象がグッと良くなります。まつ毛の生え際が見える二重は、不自然な二重になるデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果は、個人差があり効果を保証するものではありません。術前に十分説明を受けてください。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_eye.php」
▲ページの先頭へ