HOME > 埋没法の名医を知りたい

埋没法の名医を知りたい

埋没法の名医を知りたい

埋没法は、最も簡単な二重手術で、埋没法が出来ない美容外科医はいないと考えてよいでしょう。比較的トラブルが少なく誰にやってもらっても一定以上の効果が得られます。しかし、失敗したくない、高い効果を得たいというワンランク上の望みをかなえるために、埋没法の名医を探している方がいらっしゃいます。どうしても名医に埋没法をやってほしいと望む方のために、埋没法の名医探しのヒントや裏技をお伝えします。

埋没法の名医探し

口コミやクリニックランキングを見て、名医探しをする方がいらっしゃいますが、誤った情報が記載されていることがあり、注意が必要です。インターネットは匿名で何でも書けますので、やらせや嫌がらせが横行しています。根拠のない情報を排除しなければなりません。面倒がらずにクリニックを受診してみてください。医師やスタッフと仲良くなり情報を聞き出してください。自分で探さないと名医には巡り会うことはできません。

優しい医師と名医は異なる

名医のもとには、手術希望の方が集まりますので、名医は多忙であると考えるとよいでしょう。診療時間内に多くの患者さんに対応しなければなりませんので、説明は簡素で短めになることもあります。カウンセリングに時間を取って話を聞いてくれる医師を名医と誤解している方がいらっしゃいますが、カウンセリング時間の長短と医師の実力は関係がありません。名医である条件は、自分の状態を的確に判断して、自分の希望通りになるように手術を進めてくれるか否かということになります。時間をかけてゆっくり話を聞いてくれる医師は、時間的に余裕がある、人気のない医師である可能性があるので注意が必要です。

埋没法の名医は手術時間が短い

名医はスピーディに手術を進行させることが出来ます。その為、手術にかかる時間も短時間になります。手術時間により、その医師のおおよその経験度を知ることが出来ます。手術に要する時間を尋ねてみてください。手術時間が短時間であればあるほど、経験が多い傾向があります。

埋没法の名医は腫れを最小限に抑えることができる

手術経験が多くなると不要な操作が少なくなる為、術後の腫れが少なくなります。埋没法の名医を知りたいということであれば、手術後のダウンタイムについて詳しく聞いてみてください。手術後の完成が早い医師ほど経験度が高い傾向があります。

埋没法の名医は切開法にも精通している

埋没法の名医は、埋没法だけでなく二重手術全般に深い知識があります。埋没法の名医を知りたいということであれば、切開法の名医を探すのが近道です。埋没法は可能だが、切開法は苦手という医師より、埋没法も切開法も得意という医師を探すのが良いでしょう。もし埋没法では無理な要求をしたとしても、切開法で適切な処置してもらうことができるので安心です。

症例写真を見せてもらいましょう

クリニックを受診したら、必ずモニター写真を見せてもらってください。モニター写真は医師の実力を反映し、実力を知ることが出来るからです。印象の良いパッチリ目になっていれば、問題ありませんが、術後の目が不自然であったり、印象が悪い目であったりする場合は、経験値が低い可能性があります。出来るだけ多くの写真を見て、気に入った先生に手術をお願いしてください。

埋没法のリスクやデメリット(稀なものを含む)

  • 腫れが続くことがあります。
  • 内出血を起こすことがあります。
  • 左右差を生じることがあります。
  • 食い込みが強くなることがあります。
  • 目の違和感を認めることがあります。
  • 眼痛や頭痛を生じることがあります。

埋没法の名医を知りたい症例写真

埋没法も名医を知りたい

術前

術後16日目

19歳、女性。埋没法で失敗したくない、埋没法の名医を知りたい
症例経過:パッチリ目になりたくて美容整形を希望した症例です。ワンランク上の美容整形を希望しており、名医に手術してもらいたいと思い御相談いただきました。診察したところ、目が小粒で左右差があって目つきが悪い為に、顔の印象を損ねていました。目を大きく左右差も調整して明るく快活なイメージにしました。
症例解説:ワンランク上の美容整形を希望して名医を探している方は多くいらっしゃいます。口コミやクリニックランキングには、誤った情報が掲載されることもあり、混乱している方がいらっしゃいます。名医探しの基本は、気になるクリニックがあったら自分で出かけることです。スタッフさんと仲良くなると病院の内情を教えてくれることもあります。自分の目と耳で名医を探してください。埋没法は、目の違和感や頭痛や眼痛などを生じるデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果は個人差があり、効果を保証するものではありません。術前に十分説明を受けてください。

 0票

埋没法の名医を知りたい

術前

術後55日目

22歳、女性。埋没法で失敗したくない、埋没法の名医を知りたい
症例経過:長期にアイプチを使用し、上まぶたがガサガサになってしまった症例です。もう限界なので二重整形をしようと決意しましたが、失敗したくないという気持ちが強く、ネット検索を繰り返して御相談いただきました。診察したところ、一重まぶたで開眼状態が悪く、上まぶたは皮膚炎を起こし赤く腫れていました。二重埋没法により自然な二重を形成しました。目がパッチリ開き、印象の良い二重になりました。
症例解説:希望通りになりたい、失敗したくないという方は医師選びが重要になります。自分の希望を伝えて再現してくれる医師を選択する必要があります。埋没法は比較的トラブルの少ない手術ですが、場合によっては左右差を認めたり、強く腫れが出たりするリスクやデメリットがあります。手術の効果は個人差があり、効果を保証するものではありません。術前に十分説明を受けてください。

 0票

埋没法の名医を知りたい

術前

術後30日目

23歳、女性。埋没法で失敗したくない、埋没法の名医を知りたい
症例経過:小さい目が気になって連日アイプチをつけていた症例です。上まぶたがシワシワになってしまい二重整形をするしかないと思いました。出来るだけ希望に近づけたいという思いから、インターネット検索を繰り返して、御来院いただきました。上まぶたは浅いしわが多数できており、目が開き難くなっていました。二重埋没法に眼を大きく開くように調整して、パッチリ目を作成しました。印象の良い目が出来て、連日のアイプチから解放されました。
症例解説:アイプチで皮膚炎を起こしている場合、希望のラインが出にくいことがあります。希望のラインを再現してくれる名医選びが必要になります。二重整形が上手くいけば、アイプチから解放され、化粧が楽になります。毎日鏡を見るのが楽しいといわれる方もいらっしゃいます。埋没法は、糸の食い込みが強くなるデメリットやリスクを認めることがあります。手術の効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。術前に十分説明を受けてください。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/column.php」
▲ページの先頭へ