HOME > 顔痩せ・顔太り

顔痩せ・顔太り

顔痩せ

顔痩せを希望して御相談をいただいています。顔は常に露出している為、顔太りすると、顔がむっちりして、太ってぽっちゃり型に見えるために嫌がる方が多くいらっしゃいます。顔太りにはいろいろなタイプがあり、原因を診断した後に、最適な治療を行う必要があります。

顔太りのタイプ分類

顔痩せを希望する場合には、自分がどんなタイプの顔太りかを知ることが必要です。顔太りの原因を知れば、適した顔痩せ方法が見つかります。以下に、顔太りの原因を紹介します。

浮腫みによる顔太り

浮腫みにより、顔太りをきたすことがあります。太っていないのに顔が大きく見えるのは、浮腫みが原因です。血液やリンパ液の循環が悪く、顔に水分がたまるために顔が大きく太って見えます。マッサージや圧迫包帯により浮腫みを改善させることで、顔太りが減少します。

筋肉の肥大による顔太り

顔の筋肉の肥大や凝りにより、顔太りをきたすことがあります。特に咬筋が肥大すると顔が大きく厳つくなります。筋肉の肥大は、自己努力により改善させることはできず、美容整形が必要になります。小顔注射やエラ削りにより修正することが出来ます。

弛みによる顔太り

顔の皮膚が弛んだことによって、顔太りに見えることがあります。法令線や二重顎などが目立ち、フェイスラインが緩むことにより、顔が太って見えます。弛みによる顔太りは、筋肉や靭帯が緩んで、皮膚を引き上げる力が弱まることにより生じます。そのもっとも大きな原因は老化です。アンチエイジング治療のフェイスリフトやしわ取りが有効です。

脂肪貯留による顔太り

顔太りの最も多い原因は、顔に脂肪が付くことです。顔についてしまった脂肪は落ち難く、ダイエットに反応しません。ダイエットをしても顔が痩せないのは、顔の脂肪は燃焼し難いからです。過度なダイエットや食事制限をするとフェイスラインがスッキリするどころか、頬がこけてしまうので注意が必要です。頬がこけると、疲れて元気がなく老けて見えます。

顔やせ手術のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 腫れが続くことがあります。
  • 内出血を認めることがあります。
  • 術後、包帯やフェイスバンドで固定を要することがあります。
  • 傷が目立つことがあります。
  • 顔面に違和感を認めることがあります。
  • 知覚障害を生じることがあります。
  • 細菌感染を伴うことがあります。

顔痩せ手術ビフォーアフター症例写真

顔やせ

術前

術後82日目

20歳、女性。顔太り、顔痩せ手術

症例経過:顔が丸く、ふっくらしていることが気になっていた症例です。顔痩せを希望して、仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、下顔面から頸の前面にかけて皮下脂肪が貯留し、顔が大きく、ぽっちゃりして見えました。皮下脂肪を脂肪吸引して、顔痩せを実現させました。顔が小さくなり、顔のラインがすっきりしました。

症例解説:脂肪が付いていて、顔太りになっている状態の、顔痩せには、脂肪吸引が有用です。顔の脂肪はダイエットで減りにくく、ホホがこけて老けて見えるため自己努力では、却って印象が悪くなります。脂肪吸引をして顔のラインをスッキリさせることにより、顔が小さく見えます。顔の脂肪吸引は、腫れや内出血のデメリットやリスクを認めることがあります。術前に十分説明を受けてください。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_diet.php」
▲ページの先頭へ