HOME > 下顔面・中顔面の短縮

下顔面・中顔面の短縮

下顔面・中顔面の短縮

下顔面・中顔面を短縮してほしいという御相談をいただいています。鼻と口の距離、顎の長さは、意外なほど顔の印象を左右します。この部分が長いと、間延びして、のっぺりした顔に見えてしまいます。お化粧で陰影をつけることで、多少の改善は可能ですが、大きな変化は認められない為に、下顔面・中顔面を短縮したいという希望を叶えるためには、美容整形による調整が必要になります。

中顔面、下顔面とは

顔面を三等分して考えた場合、おでこから眉毛までを上顔面、眉下から鼻を中顔面、鼻の下から顎までを下顔面と言います。上顔面、中顔面、下顔面の比率が1対1対1となっていることが美人の条件です。美容整形の分野では、手術方法や効果などの観点から中顔面に人中部分を含めて考え、中顔面が長いという表現をすることがあります。

顔面のバランス

赤ちゃんの場合、下顔面が短いことが多く、成長に伴い下顔面の比率が大きくなります。その為、下顔面が長い方は老けた印象が強くなります。また下顔面の比率が大きくなると厳つく威張って見えることがあります。一般的に美人顔になるためには下顔面がコンパクトで小さめであることが条件になります。

下顔面・中顔面の延長による治療法

顔の下半分が大きい場合は、顔は長く見えるため、ロングフェイスと言われます。ロングフェイスは下顎の骨切りを行うことで、改善させることが出来ます。また上顎の骨が大きく、笑うとの歯茎が見えてしまう症状を、ガミースマイルと言います。ガミースマイルは上顎の骨切りを行うことで改善が可能です。小顔や女顔を希望する場合、希望に近付けるためには、上顎および下顎の長さを短くすることが必要です。

ルフォー1型骨切り

中顔面から鼻下が長いとなんとなく間延びしたような顔になります。中顔面は鼻が存在するため、中顔面の短縮はLe Fort Ⅰ型骨切り術が必要になります。上の歯茎を切って鼻の横から水平に骨を切ることによって、上顎を正しい位置に動かし、骨接合用のプレーさせることが可能です。この術式は、上顎をあらゆる方向に移動させることが可能ですが、その移動量には限界があり、上方や後方に移動しすぎると鼻で息がし難くなります。

下顎枝矢状分割手術

下顎全体が前に突き出ている受け口や、しゃくれ顔には、下顎枝矢状分割手術が必要です。抜歯をせずに、下あごの付け根近くの骨を切り、下顎全体を引っ込める方法です。下あごが全体的に出ている場合に行います。下顎を、最大で15mm程度移動させることが出来ます。

鼻下短縮

皮膚のタルミにより、鼻下が長く見える場合は、鼻下短縮手術を行います。鼻の直下の人中部分の皮膚を切除して吊り上げます。骨の延長が大きい場合には、手術の適応が制限されることがあります。

下顔面・中顔面の短縮のメリット

  • スマイルラインが綺麗になります。
  • 口元がスッキリします。
  • 厳つく見えていた表情が、柔らかになります。
  • 温和なイメージになります。

下顔面・中顔面の短縮のリスクやデメリット(稀なものを含む)

  • 内出血が出現することがあります。
  • 腫れが続くことがあります。
  • 顔面の運動知覚障害を認めることがあります。
  • 口唇の運動麻痺を生じることがあります。
  • 口唇の感覚障害、違和感を認めることがあります。
  • 細菌感染を合併することがあります。

下顔面・中顔面の短縮手術ビフォーアフター症例写真

下顔面中顔面の短縮

術前

術後71日目

34歳、女性。下顔面・中顔面の短縮

症例経過:顔の下半分が大きく、バランスが悪いことを気にしていた症例です。下顔面や中顔面を短くしたいと考え仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、鼻の下が延長し、更に下顎が肥大していました。鼻下を短縮して、顎を縮めて、下顔面および中顔面をすっきりさせました。表情が柔らかになり、若々しくなりました。

症例解説:下顔面や中顔面が発達して延長していると、間が抜けてのっぺりして見える、厳つく見える、老けて見えるなど、美容的に劣ることがあります。お化粧やプチ整形などの簡単な方法で改善させることが出来ず、骨切りや骨削りなどの治療が必要になります。その為、治療を行っている施設は限定されます。下顔面・中顔面を短縮することにより、表情が柔らかになり、若々しく、快活な印象になります。美容的に改善するために喜ばれています。下顔面・中顔面の短縮手術は、顔面の知覚障害のデメリットやリスクを認めることがあります。術前に十分説明を受けてください。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_nosecosmetic.php」
▲ページの先頭へ