HOME > 歯茎が見える

歯茎が見える

歯茎が見えるという事で悩んでいる方が多くいらっしゃいます。笑った時や口を大きく開けた時に、歯茎が見えると、間が抜けて見えたり、下品に見えたりすることがあり、気にされるようです。

笑顔に自信がない

鼻歯茎が見えるために、笑顔に自信がない、人前で笑えないと気になっている方がいらっしゃいます。口元が気になって仕方がないので、常にマスクを着用して生活しているという方もいらっしゃいます。歯茎が見える症状は、近年、プチ整形で改善できるようになり、治療を希望される方が増加しています。

笑った時に歯茎が見える原因

鼻唇を上げる筋肉の上口唇挙筋が過剰収縮することが、歯茎が見える原因であると考えられています。そのため、上口唇挙筋の過剰収縮を弱めることにより、歯茎が見える症状の改善が期待できます。

プチ整形による歯茎の治療

鼻歯茎が見える状態は、近年、注射によるプチ整形によって治療可能になりました。上口唇挙筋の働きを弱めることにより、過剰収縮が抑えられ、歯茎が見えなくなります。治療は、短時間で終了し、腫れもほとんどないために、ダウンタイムを気にする必要がありません。歯茎が見えなくなるので、遠慮なく大笑いできるようになります。注射による歯茎が見える治療は、治療後一定期間効果を示しますが、効果が減衰していくことが多く、長期に効果を持続したい場合には、追加注射が必要になります。

歯茎が見える症状の治療のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 注射部位周辺に違和感を認めることがあります。 内出血を伴うことがあります。 治療効果が減衰することがあります。 長期に効果を持続させたい場合には、追加注射が必要になります。 効果に左右差を認めることがあります。 効果には個人差を認めることがあります。 より強い効果を望む場合は、追加注射を要することがあります。筋肉の付き方や注入の仕方により、効果に左右差を認めることがあります。

歯茎が見える症例のビフォーアフター写真

歯茎が見える

術前

術後31日目

27歳、女性。歯茎が見える
症例経過:笑った時や話している時に、歯茎が見えるので、気になっていた症例です。プチ整形で切らないで治療できることを知り、御来院いただきました。診察したところ、開口時に上口唇が大きく挙上し歯茎が露出する状態でした。注射による治療で、歯茎の露出を改善させました。
症例解説:歯茎が見えると、情けない表情になることがあり、特に女性は気にされるようです。切らないで状態を改善させる方法が開発され、治療を希望する方が激増しました。ダウンタイムを気にすることが無いので、忙しくて休めないという方にも御利用いただいております。注射後、時間経過と共に効果が減衰するリスクやデメリットを認めることがあります。術前に十分説明を受けてください。

 0票

歯茎が見える

術前

術後42日目

30歳、女性。歯茎が見える
症例経過:笑った時歯茎が見える症状が気になっていた症例です。口元が気になって大笑いできないので、治療を希望され仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、開口時に上口唇挙筋の過剰収縮が認められ、それが歯茎の見える原因になっていました。プチ整形により歯茎が見える状態を治療しました。
症例解説:歯茎が見えると、間が抜けてロバのような顔貌になるという理由から気にされる方が多くいらっしゃいます。近年プチ整形により、歯茎が見える状態が短時間で治療が可能になりました。人前で大笑いできるようになります。治療後注射部位に違和感が生じるリスクやデメリットを認めることがあります。術前に十分説明を受けてください。

 0票

歯茎が見える

術前

術後35日目

34歳、女性。歯茎が見える
症例経過:口を大きく開けると、歯茎が出ることが気になっていた症例です。プチ整形で治せることを知り、治療を希望して御相談いただきました。笑った時などの開口時に、上口唇挙筋の過剰収縮が起こり、歯茎が露出していました。メスを使わない治療により、筋肉の過剰収縮を抑制して、歯茎が見えないようにしました。
症例解説:上唇挙筋の過剰収縮により、歯茎が見えることがありますが、美容的に醜形をきたすために、治療を希望される方が増加しています。近年、注射によるプチ整形により治療が可能になり、ダウンタイムもほとんど気にすることが無くなりました。治療は口唇周囲に注射を行うだけなので数分で終了します。治療後、注射部位周囲の筋肉の動きが悪くなり違和感を生じるリスクやデメリットを認めることがあります。術前に十分説明を受けてください。

 0票

歯茎が見える

術前

術後28日目

54歳、女性。口角ヒアルロン酸注入
症例経過:歯茎が見える顔貌が恥ずかしいと感じていた症例です。気兼ねなく大笑いしたいと御相談いただきました。診察したところ、口を開けると上唇挙筋の過剰収縮が起こり、歯茎が露出する状態でした。プチ整形による注射療法により、筋肉の過剰収縮を治療しました。歯茎が見えないようになりました。
症例解説:プチ整形により歯茎が見えることを治療できるようになり、治療を希望される方は急増しました。メスを使いませんので、大きく腫れることも無く、ダウンタイムを気にする必要はありません。注射後、期間が経過すると、効果が減衰するリスクやデメリットを認めることがあります。術前に十分説明を受けて治療に臨んでください。

 0票

歯茎が見える

術前

術後34日目

32歳、女性。歯茎が見える
症例経過:口を大きく開けると歯茎が見えてしまうことがコンプレックスであった症例です。プチ整形による治療を希望して受診していただきました。診察したところ、笑った時などの、開口時に上口唇が持ち上がり、歯茎が露出していました。注射により、治療を行い、歯茎が見えなくなったので、思いっきり笑えるようになりました。
症例解説:歯茎が見えると、ロバのような顔に見えるために気にされる方が多いようです。近年、メスを使わないプチ整形で歯茎を見えなくすることが可能になり人気の治療になっています。ダウンタイムがほとんどないことと、手軽なことから、休みを取らなくても行うことが出来ます。注入の仕方や筋肉の付き方により効果に左右差を生じるリスクやデメリットを認めることがあります。治療前に十分説明を受けてください。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_petitcosmetic.php」
▲ページの先頭へ