HOME > 目の裏から脂肪除去

目の裏から脂肪除去

目の下にクマがある場合、下眼瞼の脂肪取りは効果的です。下眼瞼の脂肪は目の裏から取ることが出来ます。目の裏から脂肪を取る方法を経結膜的脂肪除去と言います。目の裏の眼瞼結膜に小切開を加え、粘膜直下にある眼窩内脂肪を摘出します。下眼瞼の表面に傷がつかないために喜ばれています。

経結膜的脂肪除去

下まぶたの裏に小切開を加え、飛び出している眼窩内脂肪を除去する手術です。目の裏から脂肪を取る手術は、高い技術が必要であると誤解されている方がいらっしゃいますが、比較的簡単な手術に属します。あっかんベーの状態で見ると明らかですが、下まぶたの粘膜の直下に脂肪が見えますので小切開で脂肪を除去することが出来ます。多くの美容外科で行われていますが、高い希望をお持ちの方はベテラン美容外科医に御相談されるのがお勧めです。

経結膜的脂肪除去の欠点

経結膜的脂肪除去は、表面の皮膚を切らないために傷が見えないという利点があります。しかしこれが欠点でもあります。下眼瞼の表面を切る方法では、同時に皮膚切除を行い弛んで伸びた分の皮膚を切除できますが、経結膜的切開法では、皮膚切除を行うことが出来ません。そのため中高年で、皮膚の弛みがある方は、手術後目の下にシワが増えた、小じわが気になると言われることがあります。シワ取りレーザーやヒアルロン酸注射を併用して、シワの予防を行う場合もあります。年齢が上の方は経結膜脂肪除去によりトラブルが起きやすいので注意する必要してください。

経結膜的脂肪除去の適応

経結膜的脂肪除去は、下まぶたにタルミの多い症例、中高年の症例で、術後に下まぶたのシワが増えることがあるため、適用にならない場合があります。若年者でクマがひどい方には良い適応となります。トラブル回避のため、手術を希望される際には、執刀医とよく相談の上、治療をお願いしてください。

目の裏から脂肪取り症例写真

目の裏から脂肪取り

術前

術後28日目

31歳、女性。目の裏から脂肪取り、経結膜脂肪除去
20歳代から目の下のクマで悩んでおり、傷が出来ない目の裏からの脂肪取りを希望された症例です。下眼瞼に眼窩内脂肪が突出し、それがクマの原因になっていると考えられました。下眼瞼にタルミが見られましたが、シワが出来ないように注意しながら、目の裏から脂肪を除去しました。クマが無くなり若返ることが出来ました。
クリニックより:目の裏から脂肪を取る経結膜脂肪除去は、比較的容易な手術であり、多くの美容外科で行われています。術後、下眼瞼がシワになることがあり注意が必要になります。ワンランク上の効果を期待される場合は、ベテラン美容外科医に相談されるのが良いでしょう。

 1票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_eye.php」
▲ページの先頭へ