HOME > 究極の戻らない二重

究極の二重

目がクリクリに大きく開いて、腫れない、戻らない二重を、究極の二重ということがあります。仙台中央クリニックでは、二重の手術をしてもらったが戻った、腫れるのが困る、出来上がりは大きく目が開いてクリクリの目になりたい、と言う方の為に、究極の二重をご案内しています。最初から、ワンランク上の整形を希望している方、整形で失敗して今度は失敗したくないという方が、希望をいただいています。

戻らない二重

通常の二重手術は、まぶたの状態により、戻ることがあるために、何度も留め直しを繰り返す方がいらっしゃいます。究極の二重は固定がしっかりしていますから、一重に戻ることはありません。一重に戻ったらどうしようと、心配することはありません。

1週間で完成する二重

「せっかく二重手術をしたのに戻ってしまったので、今度は戻らないように手術してください。」と言うご依頼をいただいています。戻らないように二重の整形をすることは可能ですが、腫れが全くゼロで、戻らない二重手術をすることは不可能です。仙台中央クリニックでは、技術革新により1週間で完成する究極の二重手術を開発し、ほとんど腫れない状態で、戻らない二重を作ることが可能になりました。完成度が高く、ダウンタイムが短い手術です。ワンランク上の二重整形を目指す方、お休みのとれない方に喜ばれています。

モニター写真

究極の二重

術前

術後7日目

20歳、女性。究極の二重
戻らない、腫れない、クリクリ目の二重を希望された症例です。短期間の休みで完成する技術を要する治療を希望されていました。重い感じの一重で、暗い印象に見えたために、目を大きく開いて魅力ある目に整形しました。術後7日目には腫れも引いて完成形になりました。
クリニックより:美容外科の技術は日進月歩であり、患者さんの難しい要求にもこたえられるようになってきています。上のランクの二重整形を希望される方が増えてきています。腫れることなく戻らないクリクリ目を望まれる場合には、究極の二重手術を行うことで叶えることが出来ます。

 3票

究極の二重

術前

術後27日目

26歳、女性。究極の二重
上まぶたにラインはあるものの、眠そうな目の表情を悩んでいた症例です。短期間の休みで大きな目を作りたいということで、仙台中央クリニックを受診していただきました。究極の二重により腫れないで、戻らないクリクリ目を作製しました。手術後7日目には、腫れが引き完成形になりました。
クリニックより:上まぶたにラインが付いている方でも、目の開きが悪く、眠そうに見えることがあります。究極の二重手術により、クリクリ目にすることが出来ます。腫れが少なく、戻ることもないので安心です。幅広にしても戻らないために、幅の広い二重の御要望にも対応可能です

 3票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_petitcosmetic.php」
▲ページの先頭へ