HOME > 鼻プロテーゼが曲がっている

鼻プロテーゼが曲がっている

鼻プロテーゼの曲り

鼻プロテーゼが、正中ではなく、左右に曲がって入っていることは、鼻プロテーゼで多く見られるトラブルです。不自然で、整形したことがバレバレの鼻になりますので、鼻プロテーゼの入れ替え手術が必要になります。右利きの術者の場合、右に、左利きの術者の場合左に偏位する傾向があります。またプロテーゼの曲りや偏位は、L型プロテーゼより、I型プロテーゼで多く見られます。

鼻プロテーゼが動く

鼻プロテーゼが曲がって入っていて、同時に鼻プロテーゼがグラグラ動くこともあります。鼻プロテーゼが浮き出て、より不自然さが増すために、入れ替えを希望される方が多くいらっしゃいます。短いI型プロテーゼが入っている場合、グラグラ動く可能性が高く、適切な長さに加工したL型プロテーゼに入れ替える手術が行われています。

鼻先が赤くなっている

プロテーゼが偏位したり動いたりする期間が長いと、鼻が赤くなることがあります。炎症が起こっている状態であり、鼻プロテーゼを抜去する必要が生じます。強い炎症を併発している場合は、入れ替え手術は不可能で、一度鼻プロテーゼを抜いて、炎症が治まった時点で再挿入することが必要になります。特に鼻先が赤くなりやすいため、鼻プロテーゼを入れている方で、鼻先が赤くなっている場合は、注意してください。

I型プロテーゼからL型プロテーゼへの入れ替え

I型プロテーゼは、加工が容易で、手術操作が簡便であるため、頻用されているプロテーゼです。しかしI型プロテーゼは、固定力が弱いために、偏位してグラグラ動く可能性が高く、トラブルになることがあります。偏位が大きく、動きが大きい場合は、L型プロテーゼに入れ替える必要が生じる場合があります。プロテーゼを選択する場合、安易に決めないで、長所や短所を十分理解することが必要になります。

20~30年経過した鼻プロテーゼの入れ替え

若いころ鼻プロテーゼによる隆鼻術を行い、曲がって入っている、グラグラ動くなどの理由で、気になっていたものの入れ替えの切っ掛けをつかめないまま、20~30年経過したという方からも御相談を頂いています。長年経過すると、プロテーゼを取り出すことが非常に難しくなるために、入れ替え手術の難易度が増します。入れ替えを希望されるということであれば、早めに治療することがベストです。長期間経過しても治療できないという訳ではありませんが、治療を引き伸ばして、手術の難易度を上げることは適切ではありません。出来るだけ早めに御相談いただくのが良いでしょう。

鼻プロテーゼの曲り修正ビフォーアフター症例写真

プロテーゼの曲り入れ替え

術前

術後7日目

24歳、女性。鼻プロテーゼの曲り、グラグラ動く。鼻プロテーゼ入替
5年前に他院美容外科で鼻プロテーゼにより隆鼻術を行ったものの、プロテーゼが右に曲がっていて、グラグラ動くために入れ替えを希望した症例です。診察したところ、短いI型の鼻プロテーゼが入っており、大きく右に偏位し、整形したことが一目瞭然の状態でした。また鼻プロテーゼは左右に大きく動き、きちんと固定されておりませんでした。鼻プロテーゼを入れ替えて、正中位に固定して、グラグラ動かないようにしました。
クリニックより:鼻プロテーゼを行った後に、プロテーゼが曲がって偏位したり、グラグラ動いたりすることがあります。I型プロテーゼは、加工や挿入が簡単であるために頻用されているプロテーゼですが、手術後、曲がったり動いたりすることが多いため注意が必要です。手術後ふと鼻を触ったら、グラグラ動くのが気になってきた、曲がっているということが分かったという方もいらっしゃいます。その程度が強い場合は、不自然で整形したことがバレバレですので、入れ替え手術が必要になることがあります。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/revision.php」
▲ページの先頭へ