HOME > 目頭切開失敗

目頭切開失敗

日本人を始めとした東洋人は、蒙古襞が発達し、瞼裂横径が小さく、目と目が離れて見えることがあります。内眼角間距離が拡大していると美容的に醜形をきたしますので、それを改善すべく目頭切開手術が多くのクリニックで行われています。
目頭切開は、技術力が要求される手術であり、諸家により種々の手術法が考案されています。全ての人に同じ方法で目頭切開やるのが良いというわけではなく、その人に合った目頭切開の方法で行う必要があるということを示しています。稚拙な技術や、その人の内眼角距離及び二重のライン幅を考慮に入れないで手術し、目頭切開が失敗した場合、もっと目頭を切りたい、目頭と二重ラインを合わせたい、目頭に左右差があるので治したいという方に御来院いただいています。目頭切開の修正手術を行っているクリニックが少ないためか、宮城、福島、山形、岩手、秋田、青森など東北全県をはじめ、東京、神奈川、埼玉、千葉など首都圏からも目頭切開失敗の修正手術に来院いただいています。

目頭切開手術の他院修正手術

もう少し目頭を切ってほしい

蒙古襞は表面の皮膚と皮下の靭帯様筋膜により構成されます。表面の皮膚のみを切除して、皮下の靭帯様筋膜の処置を行っていない場合、戻ってしまい傷のみついて全く変わらないという状況が起こりえます。目頭の追加切除により改善されますが、一度目頭切開した部位の皮膚は固く操作しづらくなりますので、初回に比べ手術の難易度は高くなります。

目頭に左右差がある

目頭切開は手術後多少戻ります。切開する深さを揃えないと戻る範囲に差が出てしまい、目頭の左右差が生じます。元々目頭に左右差がある場合にはできるだけ揃うように目頭切開を行う必要があります。目頭に左右差がある場合は片方または両方を修正することになります。切り込み過ぎた目頭を戻す手術は、切りたす場合に比べて難易度の高い手術になります。

二重のラインと目頭のバランスを調整したい

他院で二重と目頭切開をしたけれど、なんとなく目頭と二重のバランスが悪いというケースです。ただ単に目頭を追加切除するというのではなく、二重と目頭のバランス調整の必要があり、患者さんの希望に応えるためには難易度の高い手術になります。患者さんの希望を良く伺って手術を行う必要があります。場合によっては、目頭だけでなく二重の修正も必要になる場合があります。

モニター写真

他院修正全切開法二重目頭切開

術前

術後35日目

42歳 女性。目頭切開失敗、目頭切開他院修正手術、二重全切開法他院修正手術
数年前に大手美容外科の地方分院で、二重と目頭切開の手術をしました。目頭に左右差があり、なんとなく目の雰囲気が悪く、気になっていました。どうしても何とかしたかったので、こちらの先生に相談したところ、二重と目頭のバランス調整をして治していただけるということを伺い、先生にお任せすることにしました。目頭切開再手術と二重全切開法の再手術をしてもらい、二重のラインと目頭のバランス調整をしてもらいました。バランス良く上品な印象になりました。
クリニックより:二重のラインと目頭のバランスが悪いと、印象の悪い目になってしまいます。「どこが悪いのかわからないけれどなんとなくおかしい。」という症状で御来院いただきます。このようなケースには目頭と二重のバランス調整をする必要があります。できるだけ上品な印象になるよう調整しています。

 9票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/revision.php」
▲ページの先頭へ