HOME > 小鼻縮小失敗

小鼻縮小失敗

小鼻縮小は、鼻が横に張っている場合に行う手術です。東洋人は小鼻が張ったダンゴ鼻の方が多いために、日本では人気のある手術です。小鼻縮小は技術的に容易であり、多くのクリニックで行われています。しかし、小鼻縮小手術後、手術したがあまり変わらない、鼻の穴が変形した、鼻の穴が小さくなり過ぎた、鼻幅が狭くなり過ぎたなど、失敗することがあります。やり直し手術により再調整することは可能ですが、小鼻を切りすぎて、鼻の穴が小さくなり過ぎた、鼻幅が狭くなり過ぎたというケースは、鼻孔拡大、鼻幅拡大手術が必要となり、修正手術の難易度が非常に高くなります。

鼻の穴が小さくなり過ぎた、鼻幅が狭くなり過ぎた

小鼻縮小で効果を大きく出そうと、小鼻を切りすぎると、鼻の穴が小さくなり過ぎることや鼻幅が狭くなり過ぎて、洗濯バサミで摘まんだような鼻になることがあります。鼻の穴が小さく息がしにくい場合や、鼻の穴が歪で不自然な顔貌になった場合は、修正手術が必要になります。小鼻を切りすぎて、小さくなり過ぎた鼻の穴を広げる手術は非常に難易度が高く引き受けてくれる先生が少ないことが知られています。

鼻孔拡大、鼻幅拡大

小鼻縮小失敗修正の技術を応用して、元々鼻の穴が小さい、鼻幅が狭く鼻の穴がスリット状の方の鼻の穴の形を整えることができます。鼻幅を広げ、鼻の穴に丸みを出す手術が必要になります。これが鼻孔拡大手術、鼻幅縮小手術です。鼻幅が狭く、鼻の穴が細長く、不自然な鼻の形を、日本人的な自然な形に調節します。

モニター写真

小鼻縮小失敗

術前

術後7日目

28歳、女性。小鼻縮小失敗、鼻の穴が小さくなり過ぎた、鼻の穴を大きくしたい
3年前に、鼻が横に張っているのを治したくて、家の近くの美容外科クリニックで小鼻縮小を行った症例です。手術後、鼻の横方向の広がり場改善されたものの、鼻幅や鼻の穴が不自然に小さく、整形したことがバレバレの鼻になってしまいました。鼻の穴を大きくしたくていろいろなクリニックを受診したものの、引き受けてもらえず、ネットで検索して仙台中央クリニックを、県外から受診していただきました。鼻の穴は不自然に小さく、変形してスリット状になっていました。鼻幅も狭く洗濯バサミでつまんだ様な形になっていました。再度、小鼻を調整して横に広げ、自然な形に修正しました。
クリニックより:小鼻縮小は、横方向に張ったダンゴ鼻を修正する手術で、ダンゴ鼻が多い日本人に人気のある手術です。しかし、大きな効果を出そうとして切りすぎると、鼻の穴が変形したり、小さくなり過ぎたりする場合があります。鼻の穴をもっと小さくしたいというケースは、再度小鼻を切除すればいいので簡単に修正できます。しかし鼻の穴を大きくしたい、鼻幅を広げたいという手術は、難易度が高く、なかなか引き受けてもらえません。鼻孔拡大、鼻幅拡大手術が必要です。

 4票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/revision.php」
▲ページの先頭へ