HOME > 二重繰り返し修正、修正地獄

二重繰り返し修正、修正地獄

折角、二重整形をしたのに、希望通りでない、失敗したという理由で、修正を繰り返す方がいらっしゃいます。このような状態を修正地獄と表現することがあります。修正地獄に陥った方から、現在の状態から抜け出したい、これが最後の手術にしたいと、御相談をいただいています。仙台中央クリニックでは、このような方に、二重整形の他院修正手術を行っています。

初回手術より再手術の難易度が高い

何度も修正を繰り返すことにより、手術の難易度が高くなることは良く知られています。そのため出来るだけ再手術を繰り返さない状態で、修正を多く手掛けている美容外科医に相談することが大切です。無料で再手術をしてもらえるから、割引で再手術をしてもらえるからという理由で同様の手術を繰り返し、収拾がつかなくなっている例が多数見受けられます。同じレベルの治療を繰り返すことはお勧めできません。

何度も二重修正をして負のスパイラルに落ち込む

頻回に修正にして最も困ることは、やればやるほどひどくなることが有ることです。どこかでこの負のスパイラルに歯止めをかける必要があります。何度も手術している場合は、1回の再手術で、負のスパイラルから抜け出すことが出来ず、治療が完成されない場合もあります。出来るだけ少ない回数で自分の希望に近づける様に、十分な治療計画を立てて、治療することが必要になります。

二重繰り返し修正ビフォーアフター写真

二重繰り返し修正

術前

術後40日目

22歳、女性。二重切開法修正、目頭切開修正
4年前に他院で二重埋没法をしたものの、希望通りではなく、その後に二重切開法、目頭切開を繰り返した症例です。頻回の手術を行ったにもかかわらず、自分の希望の目にならない、却ってひどくなってしまったということで、県外から仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、両側の眼裂は狭く、開眼不良の状態でした。更に目頭切開が不十分で切れていないため、目がより小さく見えました。本人の希望の様に、出来るだけ大きな目にするために、二重切開法と目頭切開の他院修正を行い、目の縦幅、横幅を広げパッチリ目を作りました。
クリニックより:二重の繰り返し修正を行う方は、パッチリ目を希望される方が、多いようです。二重を幅広に設定すると、パッチリ目になると思っていて、幅広にし過ぎて失敗するケースが多く注意が必要です。幅広になり不自然で、ありえない目になっている場合、修正の難易度は非常に高くなります。出来るだけ修正回数が少ない状態で御相談いただければ、希望が叶う可能性が高くなります。修正地獄に陥る前に御相談ください。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/revision.php」
▲ページの先頭へ