HOME > 幅広二重ラインを狭くする

二重整形失敗 幅広二重ラインの幅を狭くする手術

仙台中央クリニックでは、二重埋没法や切開法などの二重整形失敗症例の患者様に多数御来院いただいています。二重整形やり直し手術は初回手術と比較すると難易度が上がります。中でも、二重のラインが広すぎて目が開き難くなり、眠そうな目になった場合、二重の幅を狭くする手術は、最も修正が困難です。
二重のラインが広すぎる場合、一度設定した幅広二重ラインを剥がして解除した後に、新たなラインを設定して、幅を狭くする必要があります。仙台中央クリニックでは、この難手術に積極的に取り組んでいます。宮城、福島、山形、岩手、秋田、青森以外にも、首都圏や東海、関西圏からも御来院いただくことがあります。ほとんどの症例でやり直し手術をお受けしていますが、全ての症例でお引き受けできるわけではないことをご了承していただいています。

幅広二重ラインの幅を狭く

二重整形の失敗例で一番修正しづらいのは、二重のラインが幅広で目が開きづらく、眠そうな目になった場合です。幅広の二重を狭くする手術は難易度が非常に高い手術です。しかし仙台中央クリニックでは積極的に、幅を狭くする手術をお受けしています。
最近、幅を狭くする手術を希望して仙台中央クリニックを受診される方が増えています。パッチリ目、幅広二重外人顔のブームにより、患者さんによっては、二重の幅が広いと目が大きくなると信じて幅を広くしたいと希望される方が激増しているからです。幅の広い二重の手術が上手くいかないと、目が開き難くなり、二重のラインだけ太く眠そうな不自然な顔貌になってしまいます。患者さんは自分自身が、幅の広いラインを希望した手前もあり、ありえない変化に困惑している場合もあります。
幅広の二重を狭くする手術は、非常に高度な技術が必要であり、修正手術は困難を極めます。場合によっては2度、3度、幅を狭くする修正手術を繰り返した後に来院いただくケースもあります。修正手術を繰り返した後の修正手術は、更に難易度が高くなります。幅広の二重を狭くする手術は引き受けてくれる先生が少ないので、引き受けてくれただけでもほっとして先生の実力を確かめないで、幅を狭くする手術をお願いし、また失敗するということもあるようです。二重の幅を狭くする手術をお願いする際には、担当医の実力を十分確認して、自分の希望を担当の先生に伝え、先生と信頼関係ができてからお願いするのが良いと思います。

二重整形失敗 幅広二重ラインの幅を狭くする手術

幅広の二重のラインと同じラインまたはその少し下で上眼瞼皮膚を切開します。
上眼瞼の皮膚を切除する場合と切除しない場合があります。
瞼板前組織を除去します。
上眼瞼皮膚と瞼板及び眼瞼挙筋の癒着をすべて剥離します。
目が良く開くことを確かめて上眼瞼を縫合します。
二重の幅が狭くなっていることを確認して手術は終了となります。
修正手術は麻酔が効きにくい場合もあり非常に難易度が高い手術となります。

モニター写真

幅広二重ラインを狭く

術前

術後21日目

22歳 女性。幅広二重を狭くする手術、二重全切開法の他院修正手術、目頭切開
4か月前に大手美容外科の地方分院で二重全切開法の手術を行った症例です。自分が希望していた眼ではなく、手術してもらったクリニックに相談しましたが、もう少し様子を見るように言われましたが、このまま様子を見ていても変わらないだろうと思い、仙台中央クリニックを受診していただきました。二重ラインが不自然に幅広で、目が開き難くなり、眠そうな目になっていました。不自然な幅広のラインを狭くして、平行型に近い目にしてほしいと望まれていました。非常に難しい手術と考えられましたが、修正可能と考え仙台中央クリニックでやり直し手術をお引き受けしました。手術中は何度も目を開けたり閉じたりして、バランス調整を行いました。手術の途中から少しずつ開眼しやすくなり。手術直後から目がパッチリ開くようになりました、不自然に幅広だった目は幅の狭い自然な希望の目に修正することができました。
クリニックより:二重全切開法で幅広の二重を作製した場合、ライン幅が限界を超えていると、医原性眼瞼下垂を起こし、眠そうで元気のない目になってしまうことがあります。二重整形したことがバレバレで、不自然な二重になり、二重幅を狭くする手術を希望される方に多数御来院いただいています。狭い自然なラインに戻す手術は非常に難易度が高い手術になり、他院修正手術を多く手掛ける医師でもできればやりたくないというのが本音のようです。二重全切開法は、一重に戻ることが少なく、綺麗なラインになる上ランクの手術ではありますが、限界を超えたデザインにより、あたかも整形手術をしたようなバレバレの目になってしまいます。このようにトラブルにならないために、幅広のラインを希望して手術をされる際には医師の実績を確かめた後に、経験豊富な美容外科医にお願いするのが良いでしょう。

 20票

幅広二重ラインを狭くする手術

術前

術後14日目

24歳、女性。幅広二重ラインの幅を狭くする手術、他院二重埋没法やり直し手術
他院で二重埋没法を2回行ったものの幅広で希望通りでないために、幅を狭くする手術を望んで仙台中央クリニックを受診していただいた症例です。二重のラインは幅広に設定されており、目が開き難くなっていました。二重の幅を狭くして目を開きやすい状態にする必要がありました。上眼瞼に切開を加え、以前の二重整形で使用した糸を除去して、癒着を解除しました。新たな狭いラインを設定し、二重の幅を狭くして目が開きやすいようにしました。幅を狭くする手術の直後から目が開くようになり、幅の狭い自然なパッチリ目になりました。
クリニックより:二重のラインを太く設定しすぎると、不自然で眠そうな目になることがあります。二重埋没法でライン設定を行っている場合は、比較的簡単に幅を狭くできる場合がありますが、初回手術から時間がたっている場合や、不自然なラインが付いている場合は修正が困難になります。不要な癒着を剥がして再度希望のラインに設定をする必要があるからです。目が開きやすくなり、幅広二重ラインが狭くなり印象が良くなったと喜んでいただいています。

 10票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/revision.php」
▲ページの先頭へ