HOME > 鼻の穴を見えなくする手術

鼻の穴を見えなくする手術

鼻の穴が正面から見えると、ブタ鼻で顔全体のイメージが下がります。修正を希望する方に御来院いただいています。鼻の穴を見えにくくするためには鼻の穴を小さくして、鼻の穴の角度を変える必要があります。美容外科的には応用問題であり、希望を良くお聞きしてその方に合った治療法を行う必要があります。美容外科の範疇ででは難易度の高い手術になります。
他のクリニックを受診したものの、「そんな手術はできません。」と、手術自体を否定されることもあります。「さほど目立たないのでこのままで良いのではないですか。」「顔全体のバランスに鼻が合っているので修正の必要はありません。」とやんわり話を逸らされ手術を引き受けてもらえない場合もあるようです。
鼻の穴を見えなくする手術は、応用問題的手術であることを理解して、実力のある先生に執刀してもらうことが重要です。

手術方法

鼻の穴を見えなくする手術は応用問題的な手術であり、どこをどのようにするといった原則論は存在しません。患者様の希望を良くお聞きして、いろいろな手技を組み合わせて治療していくことになります。
鼻の穴が横に張り出している方は、鼻翼縮小手術で鼻翼の張り出しを縮めるのが有効です鼻孔の縁が切れ上がっている方には、鼻孔縁を修正します。場合によっては耳の軟骨を採取して移植する場合もあります。鼻中隔や鼻橋が低形成で鼻橋が凹んでいて、鼻翼が下垂しているようなタイプの鼻には、鼻中隔延長手術や、鼻橋形成手術を併用することもあります。

モニター写真

鼻孔縮小鼻翼縮小

術前

術後7日目

51歳 男性。鼻の穴を見えなくする、鼻翼縮小、鼻孔縁修正
鼻が横方向に張っていて鼻の形が悪く、鼻が正面から見えるのを治してもらいたかったのですが何処に行けば良いのか分からず、インターネットで検索して難しい手術に定評があるこちらの先生に相談しました。いろいろ説明してもらい、最終的に先生を信じてお任せすることにしました。手術後正面から見て、鼻が横に張った感じが無くなり、鼻の穴が目立たなくなりました。整形したことがバレバレになるのが嫌だったので少し心配でしたが、あたかも手術した感じにもならず、自然に変化させてもらい満足です。
クリニックより:鼻の穴を見えなくする手術は、症状により行う手術手技が大きく異なります。この症例は、鼻翼拡大に対し鼻翼縮小を行い、鼻孔縁を修正して、鼻の穴を小さく正面から鼻の穴が見えにくくしました。特に男性の方はあまり大きく変えると整形したことがバレバレになる可能性があり、顔とのバランスを考えて自然な変化にする必要があります

 9票

鼻孔縮小鼻翼縮小

術前

術後42日目

20歳、女性。鼻の穴を見えなくする、鼻翼縮小、鼻孔縁修正
鼻が横に張って、鼻の穴が目立つということで御相談いただいた症例です。診察したところ、小鼻の張り出しが強く、鼻孔は横長の形をしており、鼻の穴が目立つダンゴ鼻の状態でした。鼻の穴を縦長にして、目立たないように修正しました。ダンゴ鼻が改善され上品な顔立ちになりました。
クリニックより:鼻が横に広がって鼻の穴が目立つために悩んでいる方は多くいらっしゃいます。特に女性は、鼻の穴が目立つことが気になるようです。鼻の形が嫌で常にマスクを着用していう方もいらっしゃいます。鼻の穴を目立たなくする治療は、難易度の高く、手術を引き受けてくれる施設は限定されますが、手術が上手くいけば、上品な顔立ちになり、喜ばれています。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_nose-jaw.php」
▲ページの先頭へ