HOME > 切らないタルミ取り手術

切らない上まぶたのタルミ取り手術

年齢を重ねることにより、上まぶたのタルミが起こるために、目が小さく見えることがあります。以前は目がパッチリしていたのに年と共に目が小さくなり印象が悪い、視界に上まぶたが被さり見えにくいということで、仙台中央クリニックに御来院いただいております。
上まぶたのタルミ取り手術は、上まぶたの皮膚を切除するのが一般的ですが、どうしても切りたくないという場合や、症状が軽い場合には、切らないタルミ取り手術が効果的なことがあります。

切らない上まぶたのタルミ取り手術の方法

切らない上まぶたのタルミ取り手術は、糸で弛んだ上まぶたの皮膚を吊り上げる手術です。メスを使いませんので腫れが少なくダウンタイムが短いことが特徴です。忙しく休みが取れない方に喜ばれています。美容外科用の極細糸で弛んだ皮膚を吊り上げることにより、視野が大きくなり、目の印象が良くなります。

モニター写真

切らないタルミ取り

術前

術後14日目

37歳、女性。切らない上まぶたのタルミ取り手術
上まぶたのタルミを気にされていた症例です。上眼瞼の皮膚が伸びて視野にかかるために目が小さく見えるということで、仙台中央クリニックを受診していただきました。30歳代ではありますが、上まぶたのタルミがあり、目の印象を悪くしていました。切りたくないということで、切らない上まぶたのタルミ取り手術を行いました。糸により弛んだ皮膚をたくし上げて、目を大きく見せることが出来ました。
クリニックより:上まぶたのタルミ取り手術は、皮膚切除法が基本的な方法になります。しかしタルミの程度が軽い場合や、どうしても切りたくないケースでは、切らない上まぶたのタルミ取り手術を行っています。弛んだ上まぶたの皮膚を糸でたくし上げることにより、目元がスッキリします。比較的腫れも少ないために喜ばれています。

 12票

上まぶた切らない弛み取り

術前

術後28日目

47歳、女性。切らない上まぶたのタルミ取り手術
上まぶたの皮膚が弛み、被さってきて重い目になり悩んでいた症例です。目が開き辛く、表情が暗い印象を受けました。日程の関係から切らない治療を希望されたために、切らない上まぶたのタルミ取り手術を行いました。手術後は目が開きやすくなり、明るい印象になりました。
クリニックより:年齢を重ねると上まぶたの皮膚が弛んでくることはほとんどの場合で起こりますので、ある程度仕方がありません。しかしその程度が、年齢に比して強い場合や、急激に弛んできたという場合には、ショックを受けられる方が多いようです。比較的お若い方で、弛みが軽い場合には、切らない上まぶたのタルミ取り手術が効果的です。短時間で終了し、腫れも少ないために忙しい方や仕事をお持ちの方に喜ばれています。

 10票

切らないタルミ取り

術前

術直後

31歳、女性。切らないタルミ取り、腫れない手術
上まぶたが弛んできて垂れてくるということで御相談いただいた症例です。診察したところ、上まぶたの皮膚は弛んで、視野に入り、目が小さく三角形に見えていました。切りたくない腫れたくないという御希望の為に、切らないタルミ取り手術を行いました。上まぶたの皮膚を切らないでたくし上げてタルミを改善させました。また腫れることなくダウンタイムを短縮することができました。
クリニックより:上まぶたが弛んでいるが、切りたくないと希望される方にとって、切らないタルミ取り手術は人気があります。メスを使わないために手軽ですし、さほど腫れないので、ダウンタイムを短縮することができます。短時間で若返りが可能です。

 10票

切らない上まぶたのタルミ取り

術前

術直後

36歳、女性。切らない上まぶたのタルミ取り、腫れない手術
上まぶたのタルミのために老けて見えるので、仙台中央クリニックを受診していただいた症例です。診察したところ、上まぶたの皮膚が伸びて視野に入り、努力して視野を確保している状態でした。切りたくない、腫れたくないということで、切らないで、腫れないようにして上まぶたのタルミ取り手術を行いました。上まぶたのタルミが、腫れも極少で取ることが出来ました。見た目年齢が若返ることが出来ました。
クリニックより:年齢と共に上まぶたが弛んでくるのはある程度致し方ないのですが、タルミが酷くなり視野に入るようになると、老け込んでみられるようになることがあります。上まぶたの弛み取り手術を行うことで、若返り元気な表情になります。腫れも少ないため、休めない方でもダウンタイムを気にすることなく、治療が可能です。

 10票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_eye.php」
▲ページの先頭へ