HOME > 腫れない眼瞼下垂

腫れない眼瞼下垂

眼瞼下垂で悩んでいるものの、術後の腫れが心配で手術に踏み切れない、長期に仕事や学校を休めない、と御相談いただくことがあります。インターネット上で、「眼瞼下垂手術は、ものすごく腫れる」という知識が拡散されており、眼瞼下垂手術をしたいが、どうしようか迷っている方が多くいらっしゃるようです。しかし近年、腫れを極小に抑えることのできる眼瞼下垂手術が可能になり、忙しい方でも、気軽に眼瞼下垂手術を行うことができるようになりました。この手術を、腫れない眼瞼下垂手術と呼んでいます。仙台中央クリニックでも、腫れない眼瞼下垂手術を採用し、腫れないで眼瞼下垂の手術を行いたいという方に、ご案内しています。本ページでは、仙台中央クリニックで腫れない眼瞼下垂手術を行った方のご協力により、症例提示させていただくことができました。「眼瞼下垂手術は長期に腫れる」という美容外科の伝説を否定し、今後、眼瞼下垂手術をお考えの方に眼瞼下垂手術に対する情報を提供させていただきます。

眼瞼下垂手術は腫れますか

眼瞼下垂は、コンタクト着用や老化により発症すると考えられています。コンタクト着用者の数が増えた事、老年人口が増えた事により、眼瞼下垂症例は近年増加傾向にあります。テレビの医療番組で眼瞼下垂は手術で治ると報道されたことにより、眼瞼下垂手術の数が増加し、多くの医師が眼瞼下垂手術を行うようになりました。残念ですが、手術経験が多くないのに、眼瞼下垂の手術を行っている医師もいるようです。不慣れな医師が対応すると、手術時間は長くなり、術後長期に腫れが継続します。眼瞼下垂手術後、長期に腫れが継続する理由として、執刀医の経験不足、技術不足という要素も否定できません。

腫れない眼瞼下垂手術について

腫れない眼瞼下垂手術とは、切らない眼瞼のことではありません。切開して眼瞼挙筋を前転短縮する手術です。場合によっては脂肪を取ったり、弛んだ皮膚を切除したりすることもあります。その為、ある程度症状の強い眼瞼下垂症例にも適応します。美容的にも改善が期待できます。瞳がパッチリ開くようになり、頭痛や肩こりも改善します。手術後数日間は、切開部分に糸が付くために、その間の休みは必要になりますが、腫れを極小に抑えることができますので、多くの場合抜糸をした時点で、仕事や学校に復帰できます。

今後の眼瞼下垂手術の展望

腫れない眼瞼下垂手術が開発され、多くの方がこの手術の恩恵を受けています。これまでは眼瞼下垂手術の後、何か月も引き籠らなければいけませんでしたが、短期の休みで手術が終わるからです。土日に有休をつけて短期休みに手術を行う方もいらっしゃいます。眼瞼下垂手術をしたいがために、仕事をやめたり、一時的に休職したりすることはなくなりました。数カ月に及んで腫れが継続して、引き籠ることはありません。今後、眼瞼下垂手術は、ますますダウンタイムが少ない方法が開発され、利便性がよくなってくるものと考えられます。仙台中央クリニックでも、出来るだけダウンタイムを短縮し、早期に社会復帰できるよう考慮しています。

腫れない眼瞼下垂症例写真

腫れない眼瞼下垂

術前

術直後

術後7日目

術後14日目

27歳、女性。腫れない眼瞼下垂
以前から眼瞼下垂のため、目が開き難いと悩んでいた症例です。仕事が休めないので、出来るだけ腫れないで眼瞼下垂手術を行いたいという希望で、仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、眼瞼挙筋の筋力が弱く、眉毛を上げて前頭筋の筋力を使い開眼を行っていました。挙筋短縮手術により眼瞼下垂を矯正しました。手術直後は涙目になっていましたが、数日で腫れは収まり、1週間後にはほぼ完成形になりました。2週間目には自然な表情になり、眉毛を引き上げて開眼する眼瞼下垂特有の顔貌も消失しています。
クリニックより:出来ないと諦めている方も多いようです。近年、腫れない眼瞼下垂手術が開発され、仕事や学校を休めないという方も眼瞼下垂手術が受けられるようになりました。仕事や学校の関係からダウンタイムを減らしたいという方には、腫れない眼瞼下垂手術が適応します。

 0票

腫れない眼瞼下垂

術前

術直後

術後7日目

術後14日目

22歳、女性。腫れない眼瞼下垂
目が開き難く化粧でカバーできないと悩んでいた症例です。パッチリした目に憧れて仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、眼瞼挙筋の筋力が減弱しており、眼瞼下垂と考えられました。仕事の都合上、休めないということで、腫れない眼瞼下垂手術を行いました。直後は、泣きはらしたような涙目になりましたが、腫れはすぐに収まり、術後1週間目でほぼ完成形となり、2週間目には化粧映えのする印象良い目になりました。
クリニックより:目が開き難い、肩がこる、頭痛がすると悩んでいる方の中には、眼瞼下垂の症例が含まれています。眼瞼下垂手術を行えば状態は改善しますが、日程が合わず手術できないという方もいらっしゃいます。その多くの方は仕事や学校などの都合で、長期に休めないという方たちです。ダウンタイムを短くしたいという場合には、腫れない眼瞼下垂手術が適応します。

 0票

腫れない眼瞼下垂

術前

術直後

術後7日目

術後14日目

35歳、女性。腫れない眼瞼下垂
目が開きにくいということで、12年前に他院美容外科を初診し、その後埋没法を3回行った症例です。何度も埋没法で留めても開眼状態が改善しないということで、仙台中央クリニックにご相談いただきました。診察したところ、二重のラインはついているものの、開眼状態は不良で、上まぶたが瞳にかかり視野が障害されている状態でした。眼瞼下垂による開眼不全と考えられ、挙筋短縮手術が適応と考えられました。仕事の関係から、ダウンタイムが取れないということで、腫れない眼瞼下垂手術を行いました。手術直後は、多少腫れましたが、術後1週間目には、腫れは落ち着いて、2週間目には自然になりました。目が大きく開いて開眼状態が改善し、美容的にも明るい表情になりました。
クリニックより:眼瞼下垂手術が適応となる症例の中にも、埋没法を行い様子を見ているケースがあるようです。腫れが気になる、ダウンタイムが取れないということが要因となっています。そのようなケースでは腫れない眼瞼下垂手術が有益です。1度の手術で、眼瞼下垂を改善させることができます。何度も無意味な手術を繰り返すのは、お勧めできません。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_eye.php」
▲ページの先頭へ