HOME > 腫れない眼瞼下垂

腫れない眼瞼下垂

眼瞼下垂で悩んでいるものの、術後の腫れが心配で手術に踏み切れない、長期に仕事や学校を休めない、と御相談いただくことがあります。インターネット上で、「眼瞼下垂手術は、ものすごく腫れる」という間違った知識が拡散されており、それを信じて眼瞼下垂手術をしたいが、どうしようか迷っている方が多くいらっしゃるようです。仙台中央クリニックでは、腫れないで眼瞼下垂の手術を行いたいという方に、腫れない眼瞼下垂手術をご案内しています。仙台中央クリニックで腫れない眼瞼下垂手術を行った方のご協力により、「眼瞼下垂手術は長期に腫れる」という美容外科の伝説を否定し、今後、眼瞼下垂手術をお考えの方のために眼瞼下垂手術に対する、最新の情報を提供させていただきます。

眼瞼下垂手術は腫れますか

眼瞼下垂は、コンタクト着用や老化により発症すると考えられています。コンタクト着用者の数が増えた事、老年人口が増えた事により、眼瞼下垂症例は近年増加傾向にあります。テレビの医療番組で眼瞼下垂は手術で治ると報道されたことにより、眼瞼下垂手術の数が増加し、多くの医師が眼瞼下垂の、手術を行うようになりました。残念ですが、手術経験が多くないのに、眼瞼下垂の手術を行っている医師もいるようです。不慣れな医師が対応すると、手術時間は長くなり、術後長期に腫れが継続します。眼瞼下垂手術後、長期に腫れが継続する理由として、執刀医の経験不足、技術不足という要素も否定できません。

腫れない手術が可能な医師に手術をしてもらいたい

眼瞼下垂の手術には、挙筋筋力の微妙な調整が必要になります。眼瞼下垂の手術後、左右差があるということで、修正のご依頼をいただくことがありますが、その際には腫れない手術により、挙筋の筋力を合わせる技術が必要になります。経験豊富な医師に手術してもらえば、眼瞼下垂の手術はさほど腫れません。腫れなければないために、目の開きを微妙に調整することが出来ますので、左右差もなく、希望通りに仕上がるという訳です。

仙台中央クリニックの腫れない眼瞼下垂手術

仙台中央クリニックでは、美容外科歴20年超の専門医が眼瞼下垂手術を執刀します。極力腫れを抑えて、ダウンタイムを短縮しています。数カ月に及んで腫れが継続することはありません。

腫れない眼瞼下垂症例写真

腫れない眼瞼下垂

術前

術直後

術後7日目

術後14日目

27歳、女性。腫れない眼瞼下垂
以前から眼瞼下垂のため、目が開き難いと悩んでいた症例です。仕事が休めないので、出来るだけ腫れないで眼瞼下垂手術を希望され、仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、眼瞼挙筋の筋力が弱く、眉毛を上げて前頭筋の筋力を使い開眼を行っていました。挙筋短縮手術により眼瞼下垂を矯正しました。手術直後は涙目になっていましたが、数日で腫れは減り、1週間後にはほぼ完成形になりました。
クリニックより:眼瞼下垂手術は、数カ月におよび腫れると誤解されている方が多くいらっしゃいます。そのため手術をしたいけれど、出来ないと諦めている方も多いようです。仕事や学校の関係からダウンタイムを減らしたいという方には、腫れない眼瞼下垂手術が適応します。

 0票

腫れない眼瞼下垂

術前

術直後

術後7日目

術後14日目

22歳、女性。腫れない眼瞼下垂
目が開き難く化粧でカバーできないと悩んでいた症例です。パッチリした目に憧れて仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、眼瞼挙筋の筋力が減弱しており、眼瞼下垂と考えられました。仕事の都合上、休めないということで、腫れない眼瞼下垂手術を行いました。直後は、泣きはらしたような涙目になりましたが、大きく腫れることもなく、術後1週間目でほぼ完成形となり、2週間目には化粧映えのする印象良い目になりました。
クリニックより:目が開き難い、肩がこる、頭痛がすると悩んでいる方の中には、眼瞼下垂の症例が含まれているようです。眼瞼下垂手術を行えば状態は改善します。多くの方は仕事や学校などの都合で、長期に休めないという方たちです。ダウンタイムを短くしたいという場合には、腫れない眼瞼下垂手術が適応します。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_eye.php」
▲ページの先頭へ