HOME > 眼瞼下垂

眼瞼下垂

眼瞼挙筋は上まぶたを引き上げる開眼機能を司る筋肉です。眼瞼挙筋の機能不全により目が開き難い状態を眼瞼下垂と言います。眼瞼下垂の患者さんには視野を確保しようとして、眉を吊り上げたり、口を開けたり、アゴを出したりする特有の顔貌が認められます。また開眼しようとしていつも緊張状態にあることから、眼精疲労や肩こりに悩まされている場合もあります。一口に眼瞼下垂と言っても手術を行う上で、上眼瞼挙筋の機能が比較的良好なものと、非常に悪いのもの2つに分けて考える必要があります。上眼瞼挙筋の機能が良好なものと、悪いものでは手術方法が異なります。仙台中央クリニックは、眼瞼下垂に積極的に取り組んでいます。

先天性眼瞼下垂

生まれた時から上眼瞼挙筋の機能不全がある眼瞼下垂を、先天的眼瞼下垂と言います。上眼瞼挙筋の機能が不良な眼瞼下垂の大部分は、上眼瞼挙筋の形成不全である先天性眼瞼下垂に含まれます。これが実は眼瞼下垂の8割以上を占めます。眼瞼挙筋短縮術では開眼機能が改善しない場合も多く、そのような場合には前頭筋による吊り上げ手術が必要になります。

後天性眼瞼下垂

生後しばらくして目が開き難くなる眼瞼下垂を、後天的眼瞼下垂と言います。後天的眼瞼下垂には比較的予後良好なケースが多く認められます。比較的機能良好な眼瞼下垂は挙筋の収縮力が瞼板にうまく伝わらないことが多く、老人性下垂、外傷性下垂、術後下垂、コンタクトレンズ下垂、Horner症候群といったものが大部分を占めるために、手術による改善が期待できます。
これらの後天性下垂は、まったく眼瞼が上がらず一見挙筋機能が無いように見える症例でも、実際は良好な機能を保持していることが多く、それ故に、後天性下垂は挙筋短縮、挙筋腱膜前転を行えば理想的な改善が期待できます。

モニター写真

挙筋短縮目頭切開

術前

術後36日目

18歳 女性。眼瞼下垂、挙筋腱膜前転法、目頭切開
目の開きが悪く視界が制限されることと、美容的に目が小さく印象が悪いことで悩んでいたケースです。目を大きくして視野を確保し、美容的にパッチリ目になりたいと希望して仙台中央クリニックに受診されました。眼瞼下垂の状態であること及び蒙古襞が張っていることより、アーモンド形のパッチリ目を目指して眼瞼下垂手術と目頭切開の手術を行いました。手術直後から視界が開け目の開きが良くなりました。手術後は徐々に腫れも引いて希望のパッチリ目になりました。視野が開けたことで眼精疲労も改善しました。
クリニックより:眼瞼下垂の方は、いつも眠そうで元気がない印象に見られると共に、目が上がらないために緊張状態が続くので、肩こりや眼精疲労に悩んでいることがあります。眼瞼下垂の手術を行うことで視野が開け、美容的にパッチリ目になり印象が良くなります。眼精疲労や肩こりも改善します。

 11票

眼瞼下垂

術前

術後15日目

32歳、女性。左眼瞼下垂、挙筋短縮手術、右二重切開法
10年前と2年前に別々の美容外科クリニックで、埋没法を行いましたが目がアンバランスであり、やり直し手術のために仙台中央クリニックを受診されたケースです。診察したところ、前医で設定した埋没法のラインは固定されていましたが、左目が眼瞼下垂のために、目が開き難くなっていました。眼瞼下垂で目が上がらないために、左右で目の大きさが揃わず、顔全体がアンバランスな感じを受けていると考えられました。右目は二重切開法により、前医で行った埋没法の糸を取り、再度ラインを設定して再固定しました。左目は眼瞼下垂手術で瞳の大きさを調整し、パッチリ目を作製しました。黒目の大きさが揃い、顔全体が、バランスが良くまとまりました。
クリニックより:目の大きさに左右差があると、表情がぼやけて間が抜けた印象に見えることがあります。二重埋没法で左右差の修正をできるケースもありますが、このように片側の眼瞼下垂が原因である場合、眼瞼下垂の手術を行わないと修正は不可能です。何度も埋没法で固定を繰り返す方がおられますが、何度も固定を繰り返すとその後の再手術の難易度が上がることがあります。できるだけ1度で決めるという方針で美容外科手術を行うのが良いでしょう。

 6票

眼瞼下垂

術前

術後13日目

26歳、女性。眼瞼下垂手術、挙筋腱膜前転法
目が開き辛く印象が悪いということで、仙台中央クリニックを受診していただいた症例です。診察したところ、上まぶたが視野にかかり、眉毛や額の筋肉を使い、努力して開眼している状態であり、眼瞼下垂と考えられました。目を開き易くしたい、印象の良い目になりたいという御希望のために、眼瞼下垂の手術を行いました。眼瞼挙筋を短縮して楽に目が開く様に、さらにパッチリ目に調整しました。
クリニックより:眼瞼下垂になると、目が開き辛いために視野を確保しようとして、眉や額の筋肉を使い、目を開けようと努力します。そのために特有な顔貌を取ることが知られています。その顔貌は不機嫌で意地悪そうに見えるために、美容的に改善を希望される方が多くいらっしゃいます。仙台中央クリニックでは、眼瞼下垂の治療を、開眼状態を良好にし、更に美容的にも魅力が出るように行っています。目と眉の離れた状態や、三白眼、眠そうな目が改善され、表情が魅力的になります。印象が良くなった、明るくなった、若返ったと喜んでいただいています。

 6票

眼瞼下垂目頭切開

術前

術後38日目

27歳 男性。他院二重埋没法手術後、眼瞼下垂、目頭切開
目が小さく開きづらかったので、数年前に他院で二重埋没法の手術を受けたケースです。しかし目の大きさは変わらず、しばらく放置していたものの、目を大きくして印象良くなりたいという気持ちが強くなり、インターネットで検索して、仙台中央クリニックを受診していただきました。眼瞼下垂なので埋没法の手術では修正は難しいとのアドバイスを受けました。この際勇気をもってパッチリ目になりたいという気持ちが強くなり、眼瞼下垂の手術と目頭切開をしてもらうことにしました。前回の埋没法の時と違い、今回は手術直後から目がパッチリ開いたのが分かりました。腫れが引くとともにどんどん自然になり希望の目になりました。
クリニックより:眼瞼下垂の目に埋没法を行ってもパッチリ目にすることはできません。かえって目が開き難くなることもあります。このようなケースにはきちんと眼瞼下垂の手術を行うことが大切です。眼瞼下垂の手術を行うことで、目の開きが良くなり、美容的にも改善されパッチリ目になります。同時に目頭切開を行えば平行型の二重を作ることもできます。

 9票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_eye.php」
▲ページの先頭へ