HOME > 目と眉を近づける

目と眉の距離を近づける

目と眉の距離

眉毛は、顔の印象を決める重要なパーツです。ほとんどの方は、お化粧をする時、眉毛を抜いたり書いたりして、眉毛の形を整えていますが、その際、眉毛の形はもちろん、目と眉毛の距離が非常に重要になります。美人だと言われる方のほとんどは、目と眉毛の距離が狭いからです。欧米人やハーフ、目力の強い女優さんやモデルさんは、眉毛と目の距離が近いことが分かります。日本人は、西洋人に比べて目と眉の距離が離れている傾向があり、目と眉の間が離れていると、間が抜けて、顔全体がのっぺりした印象に見えるため、美人顔を目指す日本人にとって、目と眉の距離を調整することは重要です。

目と眉の距離は美人顔の条件

ひと目見て「あの人キレイ!」と感じる方の共通点は、眉と目の距離が近いことです。眉と目の距離が離れていると、間が抜けた印象に見えるのに対し、近ければ近いほど彫りが深く、キリッと凛々しい美人顔に見えます。目と眉の位置が離れてしまうと、のっぺりとした顔で、ボーっとした印象になってしまいます。眉の位置を下げ、目との距離感を近づけることが有益です。更に、目と眉の距離は、見た目年齢を大きく左右することがあります。見た目年齢を若くするためには、目と眉の距離を近づけ、眼力を強くしてキリッとした印象を出すことが必要になります。

化粧により目と眉の距離を近づける

目と眉の距離が離れている場合、お化粧により距離を縮めることが出来ます。特に少しだけ目と眉の距離を近づけたいという場合には、お化粧が有効です。
アイプチやアイテープなどの目細工により目と眉毛を近づけることが可能です。アイプチで二重にして目が大きくなったように見せることで、目と眉毛の間の距離も狭くなったかのような錯覚メイクが期待できます。ただし、アイプチやアイテープは、長期に連用すると、上まぶたに炎症を起こし、ガサガサになることが知られています。使用時には十分注意する必要があります。
また、まつ毛エクステや、つけまつ毛により、まつ毛を伸ばして目と眉毛を近づけることも可能です。まつ毛を伸ばすことで目元に影が生まれ、目に陰影をもたらします。彫りが深い印象になるため目と眉毛の間の距離を狭く見せることができます。ただし、つけまつ毛やまつ毛エクステはまつ毛を痛め、まつ毛が抜けて生えにくくなることがあるので、注意する必要があります。
更に、眉毛の下に眉毛を書き足して、目と眉の距離を調整することができます。眉毛の下の部分に2ミリほど書き足すことにより、目と眉の距離を狭く見せることができます。大きく書き足すと、眉毛が太くなりすぎて不自然になるため注意が必要です。化粧で、距離を縮めるのには限界がありますし、化粧を取った場合は元に戻ってしまいます。化粧は、あくまでも一時的なもの考えていただくのが良いと思います。

美容整形により目と眉を近づける

目と眉の距離を根本的に調整して、確実に美人を目指したいということであれば、美容整形がベストです。目のカウンセリングにおいて、眉から目までの距離を近づけたいという多数の御相談を頂いています。一般的に眉から目までの距離が近いとキリっとした凛々しい印象になり、距離が遠いと間が抜けた印象になります。目と眉の距離を確実に近づけるためには、美容整形が必要になります。特に、外人顔になりたい人は、眉から目までの距離を近づける手術が有効です。眉から目までの距離が近いと、見方によっては、きつい印象になることがあり、きつい印象になるのが嫌という場合には、顔のバランスを見ながら、優しい印象に調整する必要があります。担当する美容外科医との綿密な打ち合わせが必要です。

目と眉の距離を近づける整形症例

目と眉の距離を近づける

術前

術後28日目

22歳、女性。目と眉の距離を近づける
のっぺりして、間が抜けた顔立ちを何とかしたいということで仙台中央クリニックを受診していただいた症例です。診察したところ、目と眉の距離が広がって、目が小さく見えました。目と眉の距離を狭くして、目をパッチリさせることで、美人顔が目指せると考えられました。目と眉の距離を狭くすることで凛々しい美人顔になりました。
クリニックより:目と眉の距離が広く、のっぺりした顔立ちが気になるという方からお問い合わせをいただいております。美人顔になるためには、目と眉の距離が重要になります。外人顔のモデルさんを見てみると、そのほとんどが目と眉の距離が狭いことが分かります。目と眉の距離を狭くすることで、上品な美人顔になります。特にモデル顔を目指す方にとって、目と眉の距離は重要です。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_eye.php」
▲ページの先頭へ