HOME > アゴ削り 頤部骨切り術

アゴ削り 頤部骨切り術

アゴが突出し前に出ている場合、顔が長く、しゃくれている印象になります。頤骨を骨切り、骨削りすることで、しゃくれて長い顎を通常の状態に改善します。

頤形成における黄金比

毛髪生え際、鼻根、人中基部、頤先端が1:1:1になるようにすると顔全体のバランスが整います。頭頂部、瞳、頤先端は1:1になるようにすると良いと考えられています。

手術方法

下顎中央の口腔前提を3~4センチほど切開し、骨膜下剥離を行います。下顎第2小臼歯下のオトガイ神経を確認し、神経を傷つけないようにして、頤骨を水平切断し、後方移動することにより、頤部の前方突出を改善させます。
顎が長い場合には、2本の水平切断を加えて、中間骨の中抜きをすることで顎の長さを短縮します。

モニター写真

アゴ削り

術前

術後7日目

26歳 女性。アゴ削り、頤部形成術
顎が長くシャクレているのが、気になっていました。手術しているクリニックが少なくインターネットで検索して、県外から受診しました。口の中から骨を削って、顎が前に出ているのと、下に出ているのを治してもらいました。経過は順調でさほど大きな腫れも出ませんでした。
クリニックより:顎が前方、下方に突出している場合、プチ整形では治療不可能で、骨削り、骨切りを行うしか方法はありません。プチ整形を行うクリニックは、全国各地に増えたものの、骨削りや骨切を行うクリニックは少なく、県外からも御来院をいただいています。アゴ削りの場合、すべて口の中から操作し、腫れもさほど強くないために、ほとんどの場合で日帰り治療が可能です。

 18票

アゴ削りアゴ骨切り

術前

術後29日目

18歳、女性。アゴ削り、アゴ骨切り
長く突き出た顎に悩んでいた症例です。近くにアゴ削りを行っているクリニックが無く、お母様に付き添われ県外から御来院いただきました。診察したところ、顎の先端は前下方に飛び出して、しゃくれており、表情が硬く不機嫌に見えました。顎を治療することで、柔和な表情になりたいと希望され、アゴ削り及びアゴ骨切りを行いました。顎のしゃくれ改善し、表情が明るくなりました。
クリニックより:アゴが飛び出していると、陰気で威張って見えますので、悩んでいる方が多くいらっしゃいます。このような症例では、アゴ削り、アゴ骨切りを行う必要があります。口腔内から操作しますので、傷は外から見えません。手術後数日は腫れますので、マスクをして隠してもらうことになります。マスクが可能な職場であれば、翌日から仕事も可能です。効果が高く、とても喜んで頂ける手術ですが、アゴ削りが可能な施設が少ないので、引き受けてくれる医師を見つけるまでが大変と言われる方もいらっしゃいます。

 6票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_nose-jaw.php」
▲ページの先頭へ