HOME > 鼻筋を通す

鼻筋を通す

鼻筋を通したい

鼻筋とは、眉間から鼻先までの線を言い、美容的に大きな意味を持ちます。鼻背が低く鼻筋が通っていない場合、幼稚で表情が幼く見えます。鼻筋が通っていると、上品で大人っぽく、理知的に見えます。
日本人は目と目の間の部分が窪んで、鼻筋が通っていないことが多く、欧米人と比べて年下で幼く見られがちです。年下に見えることは若く可愛く見えることではありません。顔がぼやけて、間が抜けて見え、美容的に劣っているということを意味します。欧米人型の上品で大人っぽい顔貌を希望されて、鼻筋を通したいと希望される方が多くいらっしゃいます。

細くシャープに鼻筋を通す

鼻筋を通し、上品で大人っぽい鼻を作るためには、鼻筋が細いシャープな鼻を作る必要があります。鼻筋が太いと鼻が横に広がって、不自然に見えます。鼻が大きいと、顔の中でバランスを欠いて、不格好になります。鼻のバランスが悪く、明らかに自然になった場合は、再手術をすることもあります。

鼻筋を通す手術

鼻筋を通して、欧米人型の鼻にする方法は、鼻プロテーゼ、自己軟骨移植、鼻ヒアルロン酸注入などがあります。それぞれの方法は、利点と欠点があります。症状と希望を確認した上で、方法を選択することが重要です。それぞれの治療法の詳細、利点と欠点を下記に示しました。

鼻プロテーゼで鼻筋を通す

鼻プロテーゼは、医療用の人工軟骨を加工して、鼻筋の骨膜下に挿入する手術です。鼻筋を通す手術の定番で、古くから多くのクリニックで行われています。一度手術するとメンテナンスの必要がないため、手がかからない方法です。またプロテーゼの加工は、比較的簡単であり、その方の希望を反映するように加工することで、細かな要望に対応させることができます。しかし適切な位置にプロテーゼを挿入しないと、グラグラ動いたり浮き上がったりすることがあること、感染やプロテーゼが脱出する可能性があるなどの、欠点があります。

自己軟骨移植で鼻筋を通す

自己軟骨移植は、自分の軟骨を採取し、それを鼻筋に移植することにより、鼻筋を通す方法です。自己軟骨として、多くの場合、耳介軟骨が用いられています。一切、異物を用いないで鼻筋を通すことが出来るという利点があります。軟骨の加工には経験と技術を要すことが知られており、軟骨を採取するために、傷が増えるということと、もし希望通りでないという場合には、再手術が難しくなるという欠点があります。

鼻ヒアルロン酸注射で鼻筋を通す

ヒアルロン酸注射は、最も手軽に鼻筋を通す方法です。ダウンタイムが少ないということ、人の知られずに自然な変化が期待できるという利点があり、近年多くの方に行われるようになりました。美容整形が初めての方がお試し的に利用されることもあります。しかし年月が経つとヒアルロン酸が吸収され、再注入を要すことや、きちんと注入しないと、ヒアルロン酸が横方向に広がって鼻筋が太くなるという欠点があります。

鼻筋を通す手術症例写真

鼻筋を通す

術前

術後8日目

28歳、女性。鼻筋を通す、鼻プロテーゼ法
鼻筋が通っていないため、幼稚で化粧映えがしなかった症例です。上品な欧米人型の鼻になりたいと希望し、仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、鼻背部や鼻根部(目と目の間の部位)が低なっていて、目が離れて顔がぼやけて見えました。鼻プロテーゼ法により、鼻筋を通すことにより、大人っぽい理知的な表情を作りました。
クリニックより:鼻筋は美容的に重要な意味を持ちます。欧米人が上品で奇麗に見えるは、鼻筋が通っているという要素が、大きいと考えられます。日本人は、鼻背部や鼻根部が、えぐれて低くなっていることが多く、幼稚で間が抜けて見えます。鼻筋を通すことで、頭の回転が速く利発なイメージが強くなります。更に、大人びて艶っぽく見えますので、美容的に優ります。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_nose-jaw.php」
▲ページの先頭へ