HOME > 団子鼻を治したい

団子鼻を治したい

西洋人は、細く尖った鼻をしているケースが多いのですが、東洋人の場合は、横に広がり丸い鼻をしていることが多いのが特徴です。団子鼻は、東洋人の鼻の特徴ですが、鼻の広がりが強いと、上品な印象が失われ、間が抜けて見えるため気にされることがあります。美容整形で団子鼻を治したいという方のために、本ページでは、団子鼻修正手術について解説します。

団子鼻とは

団子鼻とは、鼻が横に広がり、丸い団子のような鼻のことを言います。医学的には、鼻尖部と呼ばれる鼻先の部分が膨らんで丸く、鼻翼部という小鼻の部分が、横に張り出して広がっている状態をいいます。日本人を含む東洋人は、鼻先の皮膚が西洋人と比較して硬くて厚いこと、鼻翼軟骨の開きが大きいことから、鼻翼の張り出しが強調され団子鼻が目立ちます。

マッサージで団子鼻は治せますか

自分で団子鼻を治したいという方から、団子鼻はマッサージで治せますかというご質問をいただくことがあります。ヒトの体は、約60%が水分でできています。強くマッサージすると、細胞の水分が移動するために、一時的に鼻が小さくなりますが、またすぐに元に戻ってしまいます。強いマッサージは、却って、ぶり返しの腫れを起こし、鼻が大きくなることがあります。マッサージを続けることは無意味かつ悪化を招きますので、マッサージはお勧めしていません。

化粧で団子鼻を目立たなくできますか

団子鼻を目立たなくする化粧法を教えてほしいというご質問をいただくことがあります。化粧とは、色を加えることにより、小さいパーツを大きく見せる方法です。小さい目を大きく、薄い唇を厚く、低い鼻を高くなど、小さいものを大きく、低いものを高く見せることはできますが、大ききものを小さく見せることはできません。その為、横に広がった丸い鼻を、小さく尖った鼻にすることはできません。鼻の横方向の張り出しが少ない場合は、鼻背部分に、ハイライトを入れて、鼻を長く見せることにより、団子鼻を目立たなくすることが試みられることがありますが、団子鼻の程度によっては、かえって鼻が大きく見える結果になりますので注意してください。

美容整形で団子鼻を治す

団子鼻を目立たなくするためには、基本的に鼻の容積を小さくしなければなりません。その為には、鼻の組織切除を要します。団子鼻を改善させるためには、美容整形が有益です。鼻の組織を一部切除して、横に広がった鼻翼を真ん中方向に引くことにより、小さく尖った鼻が得られます。

団子鼻の修正手術症例

団子鼻修正手術

術前

術後28日目

22歳、女性。団子鼻を目立たなくする、団子鼻修正
団子鼻で悩んでいた症例です。化粧で隠せないということから、団子鼻に対する美容整形について、ご相談いただきました。診察したところ、鼻は横に張り出しており、鼻の穴は横長の楕円形でした。できるだけ傷が目立たないように、鼻の穴の中を切開するようデザインして、張り出した鼻を正中方向に引き、鼻の穴の横長を改善させました。鼻の横幅が減り、鼻の存在感を減らすことができました。手術直後は、傷が赤くなりますので、しばらくの間、濃い目に化粧をして傷を隠していただくことになります。
クリニックより:横に張り出した団子鼻は、化粧で隠せないので、悩んでいる方が多く、ご相談をいただいております。団子鼻修正手術は、鼻の手術の中で難易度の高い部類になりますので、十分検討したうえで、手術を計画することが要求されます。団子鼻の場合、鼻の存在感が大きくなる為、他人の視線が鼻に集中しているようで気になるという方がいらっしゃいます。団子鼻を改善させることで、精神的に楽になったといわれることがあります。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_nose-jaw.php」
▲ページの先頭へ