HOME > 埋没法の経過

埋没法の経過

埋没法の経過を心配して、「腫れたらどうしよう」、「人にばれたらどうしよう」、「手術後の引きこもりたくない」と思い悩んでいる方から、御相談をいただくことがあります。インターネット上には情報が氾濫していますが、その一部は手術広告であり、デメリットが隠されていて事実を正確に反映していないことがあります。手術をしてみたら「ネットの情報と違った」、「腫れが酷くて外出できなかった」という事が起こりうります。埋没法を依頼する前に、情報収集し、正確な埋没法穂経過を知っておく必要があります。

埋没法の経過は多種多様

埋没法とはメスを使わない二重整形の総称です。それぞれの美容外科医が、各自工夫をして手術を行っているのが現状であり、多くの種類の埋没法が存在します。極端なことを言えば、美容外科医の数だけ埋没法の種類が存在すると言っても過言ではありません。そのため、埋没法の手術方法によっては、腫れが長期に継続することもありますし、ほとんど腫れないで経過する場合もあります。埋没法でも、執刀する医師により経過が異なると考えたほうが良いでしょう。

ダウンタイムを短くしたいなら腫れない二重

埋没法を希望する方の社会的背景は様々で、日程的に余裕がある場合もありますし、予定が詰まっている場合もあります。手術後引きこもりたくない、出来るだけダウンタイムを短くしたい、という事であれば、腫れない埋没法が有益です。腫れを極限まで少なくすることにより、ほとんど休むことなく社会生活ができます。

経過の短い腫れない埋没法

術後経過を短くしたい場合には、腫れない二重をご案内していますが、手術を引き受けてくれる施設は少ないために、クリニックを転々とされる方もいらっしゃいます。手術を行う際には、トラブルにならないように十分に説明を受けた上で治療をお願いする必要があります。

埋没法の経過症例写真

経過の短い埋没法

術前

術直後

22歳、女性。経過の短い埋没法
重く厚みがある目が嫌で、5年におよびアイプチをしていた症例です。上まぶたがガサガサになり、これ以上はもう無理と、限界を感じ、仙台中央クリニックを受診していただきました。引きこもるための日程的余裕はないので、出来るだけ術後経過を短くしたいと望まれていました。診察したところ、重い二重で開眼状態は不良でした。術後経過が短く腫れない埋没法により、二重を作製し、目をパッチリさせました。手術直後からほとんど腫れは無く、普通の日常生活にスムーズに移行することが出来ました。
クリニックより:美容整形を行うに当たり、最も気になるのは、術後の経過と考えられます。「腫れが酷くて外に出られなかったらどうしよう」、「経過が悪くて友達にばれたらどうしよう」、と術後の心配は尽きないようです。仙台中央クリニックでは、埋没法の経過が心配な方に対して、経過の短い腫れない埋没法をご案内しています。

 0票

経過の短い埋没法

術前

術直後

26歳、女性。経過の短い埋没法
目が重く、左右で目の大きさが異なりバランスが悪いことから、二重整形を希望された症例です。出来るだけダウンタイムを短くしたいと、仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、目の開きが悪く眠そうな表情であり、左目が小さく、左右差があり、アンバランスでした。術後経過が短い、腫れない埋没法により、目の大きさを出来るだけ揃えて、目をパッチリさせました。術直後でもほとんど腫れていない状態で、印象の良い二重になりました。
クリニックより:埋没法後のダウンタイムを短くしたいという方には、経過が短く腫れない二重をご案内しています。手術直後でも、ほとんど腫れませんので、術後の経過を気にする必要はなく、もちろん引きこもることも不要です。友達からバレることもなく、平穏に社会生活を送ることが出来ます。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_eye.php」
▲ページの先頭へ