HOME > 顔や首の脂肪吸引

顔や首の脂肪吸引

ほっそりとした体型に憧れて、顔や首の脂肪吸引を希望される方がいらっしゃいます。顔や首に脂肪が付いていると、がっしりとして厳つく見えることが多いために、特に女性は嫌がる方が多いようです。

今後の眼瞼下垂手術の展望

腫れない眼瞼下垂手術が開発され、多くの方がこの手術の恩恵を受けています。これまでは眼瞼下垂手術の後、何か月も引き籠らなければいけませんでしたが、短期の休みで手術が終わるからです。土日に有休をつけて短期休みに手術を行う方もいらっしゃいます。眼瞼下垂手術をしたいがために、仕事をやめたり、一時的に休職したりすることはなくなりました。数カ月に及んで腫れが継続して、引き籠ることはありません。今後、眼瞼下垂手術は、ますますダウンタイムが少ない方法が開発され、利便性がよくなってくるものと考えられます。仙台中央クリニックでも、出来るだけダウンタイムを短縮し、早期に社会復帰できるよう考慮しています。

顔の脂肪吸引

顔の下半分は、皮下脂肪が貯留しやすい場所です。顔に皮下脂肪が貯留すると、ブルドック型の顔になり、顔が大きく厳つく見えます。口角が下がることが多く、不機嫌で怒っている表情に見えるために、脂肪吸引を希望される方がいらっしゃいます。

首の脂肪吸引

首の前面は、脂肪が貯留しやすく、脂肪が付くと首が短く太くなるために、顔が埋没したように見えます。すっきりとした体型を希望される場合には首の脂肪吸引が必要になります。

顔・首の脂肪吸引の注意点

顔や首の脂肪吸引は、脂肪吸引の中で難しい部位になります。顔や首は太い血管や神経が通る場所であり、それらを傷つけるとトラブルに直結するからです。難易度が高いために顔や首の脂肪吸引を行っていなかったり、引き受けてもらえなかったりすることがあります。

顔・首の脂肪吸引の術後経過

顔や首の脂肪吸引の直後は内出血の予防のために、圧迫包帯を巻き、フェイスバンドを装着してもらいます。数日したら圧迫包帯を外しますが、腫れが続く間は、マスクを着用して隠してもらうのが良いでしょう。
顔や首の脂肪吸引は、他の部位の脂肪吸引と比較して、完成までに期間を要すことが知られています。焦らずに待つことにより、徐々に腫れが引いて、顔や首が引き締まっていきます。術後1か月過ぎから、脂肪吸引部位のマッサージをしていただきます。

顔や首の脂肪吸引の適応

  • 顔に皮脂肪が貯留していて、顔が大きく見える。
  • 顔が厳つく見える。
  • 意地悪な表情に見える。
  • 不機嫌な表情に見える。
  • 首が太く短い。
  • 首が埋まっている。
  • 体格ががっしりとして見える。

顔や首の脂肪吸引のデメリット(稀なものを含む)

  • 顔面や首の前面に皮下出血が生じることがある。
  • 長期に腫れが継続することがある。
  • 術後しばらくの間、口の筋肉が動きづらくなることがある。
  • 稀に、顔面や首に血腫を伴うことがある。
  • 稀に、顔面及び首の神経障害を合併することがある。

顔や首の脂肪吸引症例写真

顔首の脂肪吸引

術前

術後42日目

37歳 女性 首の脂肪吸引、顔の脂肪吸引
顔から首の前面にかけて脂肪が多く、気にしていた症例です。特にダイエットなどはしたことはありませんでした。ここ最近更に、太って、顔が大きく首が太く見えるようになってしまったため、もう限界と思い、顔と首の脂肪吸引目的で、仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、顔面下部から首の前面にかけて脂肪が貯留し、顔と首の皮膚は弛んで垂れ下がっていました。顔から首にかけての皮下脂肪を取って、皮膚が吊り上るように固定しました。手術後は腫れ予防のために包帯とフェイスバンドを着用しました。顔面下部から、首にかけての皮下脂肪が無くなり、顎の皮膚が切れ上がってスッキリしました。
クリニックより:顔や首に脂肪が付いて、顔が大きく見える、首が太く短いという場合には、顔や首の脂肪吸引が必要になります。脂肪が取れて、顔が小さく見え、首がほっそりします。顎のラインが切れ上がり喜んでいただいています。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「https://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_diet.php」
▲ページの先頭へ