HOME > 薄毛AGA

薄毛AGA治療

薄毛により数百万人の方が悩んでいると考えられています。薄毛は、これまで原因不明で、治療に難渋し、治療法が明らかでありませんでした。しかし医学の目覚ましい進歩により、薄毛の原因が解明され、薄毛の治療が可能になってきました。当サイトでは、薄毛で悩んでいる方の参考にしていただきたく、最新の薄毛治療を提示しました。


これまでの薄毛治療

これまでの薄毛治療は、シャンプーやトリートメントによる毛髪ケアと、頭皮マッサージや頭皮刺激による頭皮ケアが中心でした。これらの治療法には医学的根拠はなく、やりすぎることにより、却って毛髪や頭皮を傷めることもあり、治療効果が得られないばかりか、薄毛を進行させてしまう可能性が多々ありました。

カツラやウイッグによる薄毛隠し

カツラやウイッグを付けることにより、手っ取り早く薄毛を隠すことができます。しかしカツラには、デメリットも存在します。第一に、かつらの費用が意外に高いことです。カツラ本体の費用が、数十万円から百万円を超える場合もあります。またメンテナンスの費用も必要になり、カツラを購入した上で月々数万円の出費が必要になることがあります。更に、カツラの毛髪は人工毛であり、自毛と完全に同じにすることは出来ません。不自然でありかつらの着用が分かってしまうこともあります。カツラの着用が丸分かりで、滑稽な様相を呈していることもあります。更にカツラは水に弱いため、水泳や入浴に不向きで、生活が制限されることがあります。

医学的根拠のある薄毛治療

長年の薄毛研究により、薄毛の医学的原因が明らかになってきました。そのため薄毛治療は医療施設で行われるようになってきました。内服薄毛治療薬、植毛、頭皮注射による薄毛治療が医療機関で行われています。これらの治療は発毛サロンや、エステでは行うことができません。医療機関による最新の薄毛治療をお勧めします。

内服薬による薄毛治療

薄毛の原因が明らかになってきました。特に男性の薄毛AGAは男性ホルモンの過剰が大きな原因であることが分かってきており、プロペシア、ミノキシジルなどの内服薬が薄毛治療に用いられています。更に近年、ザガーロというさらに強力な薄毛治療薬の販売が開始され内服薬を服用される方が増加しています。しかし内服薬の多くは男性専用で女性の薄毛に対し用いることができないという、欠点があります。

植毛による薄毛治療

医療植毛による薄毛治療が注目されています。多くは後頭部から毛髪を採取して、薄くなった前頭部や頭頂部に移植します。一度移植した毛髪は抜け落ちますが、2~3か月後に再生して移植した場所で成長します。1回の手術で欲しい場所に髪の毛を得ることが出来ます。しかし手術に抵抗感がある人が多いこと、部分的に髪の毛が増えただけで自然な毛髪にすることが困難であること、移動しただけで毛髪全体の本数は変わらないというデメリットがあります。

頭皮注射による薄毛治療

近年、頭皮に直接薬液を注入し、自己毛髪の再生を促す治療法が開発されています。自己毛髪が再生するということで、人気のある治療法です。3回から6回くらいで効果を実感できます。自己毛髪が再生しますので自然な髪の毛を再現することが出来ます。更にこれまで困難とされてきた女性の薄毛にも効果があり、男女の薄毛治療で応用されています。ただし、効果が無い類似療法が行われていることがあり、全ての医療機関で可能なわけではありません。認定施設で治療する必要があります。

仙台中央クリニックがお勧めする薄毛治療

仙台中央クリニックでは、頭皮注射による薄毛治療をお勧めしています。その理由は、自然な自己毛髪の回復が期待できるからです。毛髪再生因子を注射した部位に自己毛髪が高率で毛髪再生し、自然な毛流の回復が可能となります。

頭皮注射による薄毛治療が効果的な理由

内服薬治療では、期待できる薄毛治療効果の主体は抜け毛予防であり、増毛効果は期待が低いと考えられています。そのため増毛や育毛を望む場合は、他の治療法と併用する必要があります。自己植毛は、薄毛になった部位にピンポイント自己毛髪を移植しますので、毛髪の増加が期待できます。しかし薄毛がより進行した場合、植毛した部位のみに毛髪が生えていて、その周りは禿げているという、不自然な髪形になってしまうという欠点があります。また自己植毛では、毛髪採取を行った後頭部の髪の毛の量は減ってしまいます。
現在のところ、頭皮注射による薄毛治療が最も高率に増毛が可能であると考えられています。頭皮注射では、増毛育毛効果が強く、自然な自己毛髪が再生され、自然だという点で勝ります。また内服薬治療及び植毛は、原則的に男性のみに可能で限定的で、女性が希望しても原則として行うことはできませんが、頭皮注射は男女の薄毛に対して行うことが出来ます。

頭皮注射による薄毛治療のデメリット

最新医学により可能になった頭皮治療ですが、デメリットもあります。頭皮注射によるデメリットは、認定医施設でないと行われていないことです。類似の注射療法という触れ込みの元、効果のない治療が、認定施設以外で行われていることもあります。効果が無いことによるトラブルが発生しているようです。必ず認定施設で治療を受けていただくことを、注意していただきたいと思います。頭皮注射による薄毛治療を希望される場合には、認定施設であることを確認してください。

頭皮注射による症例写真

頭皮注射による薄毛治療

治療前

2回治療後

4回治療後

5回治療後

38歳、女性。頭皮注射による薄毛治療
薄毛領域が広がり、ふんわりした髪型が作れなくなったということで御相談いただいた症例です。診察したところ、前頭部から頭頂部にかけて薄毛が進行して、地肌が見えている状態でした。頭皮注射による薄毛治療を開始し、徐々に自己毛髪の再生が認められました。治療後は、髪の毛にボリュームが出て、髪型が作れるようになりました。
クリニックより:薄毛で悩む女性が増加しています。近年、自己毛髪再生治療が薄毛治療に有効であることが分かり、多くの方に御来院いただいています。1か月に1度、頭皮に毛髪栄養因子直接注射することにより、自己毛髪が蘇ります。これまで女性の薄毛に効く治療法がなかったために、特に女性から喜びの声をいただいています。

 3票

頭皮注射による薄毛治療

治療前

2回治療後

4回治療後

5回治療後

60歳、女性。頭皮注射による薄毛治療
40歳代後半から、髪の毛が薄くなり、髪型が作れなくなってきたという症例です。薄毛治療薬を購入し、試してみたものの、全く効果が無いということで、仙台中央クリニックに御相談いただきました。診察したところ、前頭部から後頭部の広範な範囲で髪の毛の本数は減り、1本1本の髪の毛は細くなって、地肌が見える状態でした。女性にも効果がある頭皮注射による薄毛治療を開始しました。治療の回数と共に、少しずつ髪の毛が太くなり、目に見えて本数も増えてきました。4回目注射以後は、髪の毛がふんわりして髪型が作れるようになりました。髪の毛に輝きが戻りご本人も驚いておられました。
クリニックより:女性の薄毛が進行すると、髪の毛が地肌にくっ付いて、髪型が作れなくなることが多く、悩んでいる方がいらっしゃいます。このような方に薄毛頭皮注射は効果的です。髪の毛の本数が増えると共に、1本1本の太さが太くなり、髪の毛の艶が増します。髪の毛がふんわりして若返ると共に、髪型が作りやすくなります。症状が進行してからでは回復が遅い傾向があります。早めに御相談いただきたく思います。

 0票
中央クリニックについて詳しく知りたい方は「仙台中央クリニック 美容外科」
Yahooで検索!Googleで検索!
URLを入力するなら「http://www.kirei-kirei-sendai.jp/m_hair.php」
▲ページの先頭へ